避難所の集合体をアートで表現するDIY術

公開日 2016.06.14

更新日 2017.04.07

避難所の集合体をアートで表現するDIY術

アーティストのケビン・シルはブルックリンを拠点に活動するアーティストです。

ケビンは将来起こりうる最悪のシナリオのための避難所の集合体をアート(DIY)で表現。

彼の作品にはショッピングカートの上から必要に応じてテントが飛び出す仕組みになっている

"キャンパーカート"や自転車の後ろにキャンピングカーをつなげた"キャンパーバイク"など

人力移動にこだわったビンテージテイストの避難所作品を製作し発表してきました。

 

今回はそんな彼の災害時に役立つユーモア溢れるアート作品をご紹介します!

これは不動のキャンパステント。内部は羽目板の壁面とフローリングになっており、薪ストーブまである仕様。

 

あり合わせの廃材で作った掘建小屋。

ショッピングカートの上から必要に応じてテントが飛び出す仕組みになっている"キャンパーカート"。

 

三輪タイプのキャンピングカー。内部にはキャンプ旅行を彷彿とさせるアイテムが取り揃えてある。

 

via : http://kevincyr.net/index.php?/about-this-site/

 

 

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
マンションと暮らす