“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

キャンプやバーベキューなどの時に快適に過ごすためには、ズバリ、椅子が最重要アイテム!地面がゴツゴツしていたり、湿っていたりしても、優秀なアウトドアチェアがあれば気になりません。中には、まるでソファのように座り心地のよい椅子もあるので、自宅のようにくつろげることも。デザイン・コスト・コンパクトさ、どれを重要視するかによって、購入するアイテムが決まってきますね。

公開日 2018.07.10

更新日 2018.07.10

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

今回は、全部で20種類ものキャンプ用椅子をご紹介します!複数必要な場合には、1種類で統一するのもよいですが、一脚ずつバラバラに集めるのも楽しいですよ。

確かな技術力とスポーティーなデザイン【HELINOX(ヘリノックス)】

世界各国のアウトドアブランドにテントやトレッキングポールを供給する合金加工のカンパニー「DAC社」から、2009年に生まれたブランドがヘリノックスです。DAC社の高い技術力と洗練されたデザイン力を生かして、アウトドア用のファニチャーを中心に開発。優れた強度と柔軟性を持つ、超軽量アルミニウムポールを活用したアイテムの数々に定評があり、アウトドアの愛好家たちから熱い支持を得ています。

HELINOX01 チェアワン L

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

たくさんの受賞歴を持つ「チェアワン」というモデルを、ひとまわり大きくしたタイプです。背中部分にメッシュ素材を採用しているので、通気性はばっちり。吊り下げ式シートなので、お尻にぴったりフィットします。

HELINOX02 チェアツー

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

こちらも、「チェアワン」をベースに背もたれの高さを長くしたタイプです。しっかり背中を預けられるので、より一層リラックスすることができますね。付属のスタッフバックをヘッドレスト部分に装着すれば、枕つきのチェアにもなります。

HELINOX03 キャンプチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

こちらのチェアのように、スポーティーなデザインはヘリノックスの特徴でもあります。椅子の脚部分と座面は取り外して収納できるので、とってもコンパクト。重量も、約1.2kgという軽量性を誇っています。

HELINOX04 サンセットチェア メッシュ

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

全面がメッシュ素材になっているので、暑い季節でも蒸れにくくて快適。ネーミングの通り、浜辺で夕陽を眺める時にも最適ですね。頭の部分まで背面があるので、そのままウトウト眠ってしまうかもしれません。

【Snow Peak(スノーピーク)】高級感のあるファニチャー

スノーピークのチェアはそのデザインや性能の高さから、アウトドアのみならず、室内のインテリアとしても使うことができます。キャンプ用品だからといってチープさはなく、どんな場所においてもセンスよくキマりますよ!

Snow Peak01 ローチェアショート

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

グレーの座面とウッドの肘掛けで、シックな印象のチェアです。ほかのブランドのアウトドアギアにはあまり見られない、落ち着いたデザインが特徴。自宅のリビングやベランダに置きたいほどのクオリティですね。もちろん簡単に畳めるので、車に積んで運べます。

Snow Peak02 ガーデンローチェア 30

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

かなり丈夫な1680デニールの生地を使用しているので、ソファ感覚で安心してくつろぐことができます。背面が高いので、体全体が包み込まれるような心地よさです。

Snow Peak03 Take!チェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

脚の部分に竹集成材とアルミフレームを使った、斬新なデザインのチェアです。強度を確保しながらも、デザイン性を高めるための工夫とのこと。座面には丈夫な帆布を使っているので、安定感があります。白は汚れやすいイメージがありますが、ご安心を。水でガシガシ洗えるので、清潔に保てますよ。

Snow Peak04 FDチェアワイド

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

少し高さのある折りたたみ式チェアです。椅子を選ぶ際は、テーブルに合わせた高さも重要ですね。こちらのアイテムは、背もたれの角度が絶妙で、座り心地がよいと定評があります。食事をする時には、沈み込むタイプよりも、姿勢正しく座れる椅子の方が勝手がいいですよね。

【North Eagle(ノースイーグル】バリエーションが豊富!

昭和4年に北海道で卸・小売業を創業した「株式会社ナニワ」から生まれたオリジナルブランドが、ノースイーグルです。人とかぶりにくい、遊び心のあるデザインのものから、スタンダードなデザインまでバリエーション豊かに揃っています。

North Eagle01 コンパクトチェアS りんごちゃん

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

りんご柄のデザインが、ポップでかわいらしいですね。小さめのサイズなので、お子様や女性用におすすめです。脚の部分がしっかりした構造なので、コンパクトながらも安定性がきちんとあります。

North Eagle02 キッズコンパクトチェア くまさん

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

かわいいだけでなく、ファニーな雰囲気を醸し出しているキッズ用チェア。落ち着きのない小さなお子様も、このデザインならばちゃんと座っていてくれるかもしれませんね。

North Eagle03 ミディアムアームレストチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

これまでご紹介したものとは打って変わって、スタンダードなデザインのチェアです。ゆったり座れるワイドサイズ。肘掛部分が絶妙なカーブを描いていて、居心地がよさそうですね。

North Eagle04 ミニディレクターチェアテーブル付

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

小さなサイドテーブルがついていて、使い勝手がよいディレクターチェアです。飲み物などちょっとしたものを置くことができるので、バーベキューの時にもおすすめ。クラシックな雰囲気のデザインもかっこいいですね。

【Therm-a-Rest(サーマレスト)】斬新なアイデアを搭載!

【Therm-a-Rest(サーマレスト)】
via https://www.e-mot.co.jp/therm-a-rest/
サーマレストといえば、「トレオチェア」という画期的なアイテムで知られています。脚の部分がそのままケースになるというユニークな設計が人気の理由で、ライブフェス会場やキャンプサイトでよく目にすることも。そのほかにも、次々にオリジナリティあふれるギアを生み出していますよ!

Therm-a-Rest01 トレオチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

冒頭でご紹介したのが、こちらのチェアです。脚の三脚部分に、ポールと座面のシートを収納することができるので、持ち運びが楽々。組み立て方は、三脚にポールを差し込んで、先端にシートをセットするだけ。絶妙な高さも、人気の秘訣かもしれません。キャンプのみならず、フェスやイベントでも活躍します。

Therm-a-Rest02 ウノチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

「トレオチェア」と同様、脚の部分にパッキングすることができますが、こちらは脚が円盤型。さらにユニークな設計になりました。また、組み立て方を変えれば、ミニテーブルとしても使えるという斬新なアイデアも加わっています。

Therm-a-Rest03 トレッカーチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

単品では椅子として使えませんが、テントで使うマットレスに取り付けることで、椅子に変身させることができるアイテムです。キャンプの荷物削減に、一役買ってくれますね。

Therm-a-Rest05 コンパックチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

こちらも「トレッカーチェア」と同じく、マットレスを座椅子に変身させるスリーブです。オレンジのカラーがかわいらしく、マットレスとの色の組み合わせも考えたくなりますね。

【DOD(ディーオーディー)】コンパクトさがピカイチ!

ちょっとした仕掛けがあったり、ポップなデザインであったり、細部までこだわりを感じられるのがディーオーディーの魅力です。ハイセンスにも関わらず、価格帯はリーズナブルなのも、ビギナーには嬉しいポイントですね。

DOD01 ローローバーチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

かつてイギリス軍がランドローバーの車載装備として使っていたという、ローバーチェアの高さを、キャンプ仕様に低くしたチェアです。フレームの独特な形状によって、安定感があるところがポイント。また、生地の部分は取り外し可能なので、お好みの布にカスタムすることもできます。DIY好きにはたまりませんね! 

DOD02 グッドラックソファ

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

室内でも使える、ふかふかのクッションカバー付きソファです。折りたたむと片手で持ち運べるので、キャンプに持っていく際にはもちろん、室内で使用する場合は模様替えも楽ちんです。アウトドアギアは汚れが気になりますが、カバーは丸洗いする事ができるので、いつでも清潔に保てます。

DOD03 ウルトラライトアジャスタブルチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

携帯性を重視するなら、こちらのチェアがおすすめです!重量は約1kgで、2Lのペットボトルほどの大きさのケースに収納できます。脚のフレーム部分の角度を調節して、ロースタイルにもハイスタイルにも対応可能。通気性も確保されているので、さまざまなアウトドアシーンで活用しますね!

DOD04 ウルトラライトバックレストチェア

“椅子”で決まるキャンプの居心地のよさ!【編集部オススメ20選】

さらに軽さを求めるなら、重量わずか約400gのこちらのチェアはいかがでしょうか。3.5cmの薄さに折りたためるので、収納場所を選びません。何といっても、この軽さで静止時の耐荷重量は100kgという丈夫さには驚きです。

以上、20脚のキャンプ用椅子をご紹介してきました。お気に入りのアイテムやブランドはありましたか?アウトドアは、室内用のファニチャーと違って、多少ちぐはぐ感があったり、奇抜であったりしても大丈夫。大自然が包み込んでくれるので、小さなことは気になりません。好きなデザインのものを詰め込んで、思いっきりキャンプを楽しみましょう!

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載