あわつまいが日立工機のインパクトドライバ“FWH14DGL”でアルファベットオブジェをDIY -工具 みーつ ガール。 vol.08-

フォトグラファー佐野円香氏とタッグ組んでスタートした人気連載企画 “工具 みーつ ガール。”も8回目の更新。まだまだ暑い日が続いていますが、読者の皆さまはDIYを楽しんでいますか? 華奢ながら見事に工具を使いこなす彼女たちのように、夏の思い出作りに何かしら作ってみてはいかがでしょう。 photo/佐野円香 hair&make-up/MARI MIZUNO model/あわつまい

あわつまいが日立工機のインパクトドライバ“FWH14DGL”でアルファベットオブジェをDIY -工具 みーつ ガール。 vol.08-

第6弾での共演が記憶に新しい日立工機が再登場。パワフルな締め付けが特徴的なコードレスインパクトドライバ、FWH14をピックアップしました。

 

 

その一台を使いこなしてくれたのが、青文字系ファッションモデルとして活躍し、今秋には舞台の主演を務めるなど女優としても注目を集める、あわつまいさん。

 

 

自宅の靴箱をDIYしたという彼女はすぐさまギアの使い方や加減をマスター。オイルコーティングした木材にビスを巧みに打ち込んでいき、アルファベットオブジェを作成。やはり工具に慣れているだけに、その姿は様になっていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「DIYには前から興味があって、今回のような工具は使ったことがありました。引越し先の次の家ではクローゼットの拡張を自分でやろうと思っています」

 

 

 

 

国内で卓上スライド丸ノコと充電式インパクトレンチを最初に販売した工具メーカーとして知られる、日立工機。その存在はプロモデルの機能性の高さで職人からの定評があるほか、DIY向けのギアをリリースし一般家庭でも認知度が高まっている。また充電式工具においてはリチウムバッテリーを採用し、プロ用とDIY用の両モデルで共有可能なんです。今回、その互換性を持ち合わせたコードレスインパクトドライバDIY用モデル、FWH14DGLをチョイス。特徴は何と言っても最大140N.mの高いトルク性能。これにより硬い材質にネジ止めする際も、パワフルな締め付けを可能に。またその力強さとは相反して、取り扱いやすい1.3kgの軽量性は女性にとっても嬉しいところ。大物の家具を組み立てる際にも便利なので、持っておいて損はない1台です。

 

 

本体価格/(2LEGK) ¥24,300+TAX

日立工機お客様相談センター/フリーダイヤル(無料)0120-20-8822、ナビダイヤル(有料)0570-20-0511 ※携帯電話からも利用可能。なお、PHSおよび一部IP電話からは利用不可。

受付時間/9:00〜12:00、13:00〜17:00(土・日・祝日・休業日を除く)

URL/http://www.hitachi-koki.co.jp/

※危険を伴う場合がありますので、メーカーの取扱説明書をお読みのうえ作業してください。

 

衣装/エプロン¥18,000+TAX、クロス¥1,500+TAX〈Simply/シンプリー 03-6451-2507〉、その他本人私物

 

PROFILE

あわつまい

HOLIDAY Management所属。モデルとして女性ファッション誌やブランドカタログなど活躍するほか、フレデリック『オワラセナイト』やドレスコーズ『スローガン』などのMVにも出演。また2016年10月14日~23日、中野HOPEにて行われるimg×ナナシノ(  )コラボ企画舞台「綻び踏んで笑えたら」にヒロインとして出演。

web:http://holiday-management.com/maiawatsu.html

 

 

佐野円香

2008年に独立。第61回朝日広告賞グランプリを受賞し、注目を集める女性フォトグラファー。 現在、「週末モデル」「OVERGIRL」「佐野企画」「さのスニーカー's」「季節の果実」「ウィズマイガール」など、女性ならではの目線で切り抜いた写真で数多くの連載をこなす。

web:http://madokasano.tumblr.com

 

SERIES ARCHIVES

IXO 5 (BOSCH) × 三原勇希

KA2000(BLACK+DECKER) × 武居詩織

MTR-42(RYOBI) × 早乙女ゆう

EVO183B1(BLACK+DECKER) × 松本妃代

PTK 3.6LI(BOSCH) × 岡田サリオ

FCJ65V3(日立工機) × にわみきほ

MDD-10(RYOBI) × りりか

2 アイテム

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!