オシャレな踏み台GEM STEPでXmasツリーをDIY!

踏み台や脚立など、使わず物置に眠っている「ステップ」はありませんか? そのまま使えることが一番ですが、少しのDIYでイケてるインテリアとしても大活躍するんです! DIYer(s)ではそんな踏み台・脚立・ハシゴをモチーフとした「DIYコンテスト」を開催中! 詳しくはこちらをクリック↓

公開日 2015.10.26

更新日 2017.04.05

オシャレな踏み台GEM STEPでXmasツリーをDIY!

 

今回はそんなステップDIYのお手本として、フラワーアーティストの越智康貴さんに低予算で大満足できるステップデコレーションDIYをしてもらいました。

 

モチーフとして使用したのは『GEM STEP』(詳しい紹介はこちら)。軽量でシンプルなデザイン、クリア8色のカラーバリエーションが魅力的な"デザイン踏み台"です。


 

その他の材料は以下の通り。
 

材料


・GEM STEP 6個(お手持ちの踏み台・脚立・ハシゴでも可)

・山帰来(サンキライ) 10本(300円くらい×10)

・ガマズミ 1枝(1200円くらい)

・馬酔木(アセビ) 少し多めに(1つ300円くらい×15)

・バルーン お好みの大きさとシルエットを1〜2個

・花用ワイヤー 中口径。東急ハンズやホームセンターで購入を

・剪定ハサミ
 


STEP.1
GEM STEPをピラミッド型に重ねる。数を増やせばインパクトアップ! でも、その分スペースと時間が……。まずは6個使って3段がベター。



STEP.2
馬酔木をワイヤーで固定し、ベースにする。あまりガチガチにすると修正しにくいので、フンワリめで大丈夫。外角を埋める感じから始め、徐々に空間に詰めていくとスムーズ。裏にはみ出た枝は切り落として。



STEP.3
フロントを9割くらい馬酔木で覆ったらバルーンの出番。山の頂上に来るよう配置を。バルーン紐はなるべく見えないように結ぶこと。

 





STEP.4
山帰来の実を枝から切り離し、あまり固まらないよう散らして配置。固定は馬酔木にワイヤーで。






STEP.5
ガバズミを小枝単位でカット。山帰来とは逆に密集気味に挿し込み、アクセントを演出する。



STEP.6
全体を見て、半端な空間があるなら余った馬酔木でカバー。デジカメやスマホで全体を撮影し、ディスプレイ越しに見ると客観的に穴がチェックできるのでお試しあれ。


 



STEP.7
流木とペアリングすると、ウッディなフロアのあたたかみが一層アップ。暖炉がなくてもくつろぎ空間の出来上がり。


STEP.8
GEM STEPの土台を利用して、裏ライティングに挑戦。GEM STEPはクリアカラーだから、しっかり光源が生きるわけ。大人なムードを味わえるかも!?



GEM STEP単品なら、なかなかキュートなミニツリーに。省スペースながら存在感あって、ばっちり部屋を明るくしてくれます。





そのまま踏み台にだって。ただし、天板部分はデコレーション厳禁。平らな床の上でのご使用を。



「ポイントはアウトラインを最初に設定してから、内側に挿していくことです。輪郭さえ整っていれば、少しくらい粗があってもキレイに見えますよ。あと、あまり考えすぎないこと!」越智さんのレクチャーは以上。 市販のツリーよりゴージャスかつリーズナブルな逸品と出会えたはず。使わず物置に眠っている、脚立やハシゴなんかで応用するのもグッドかも。


 

◼︎PROFILE

 

越智康貴さん

株式会社ヨーロッパ代表取締役/フラワーアーティスト

2011年に武内 昭とフラワーショップ、デリジェンスパーラーをスタート。小売と並行して、イベントやパーティの装花、広告でのスタイリング、植栽の製作などを行う。’15年9月、株式会社ヨーロッパを設立。さらなる業務拡大に邁進中。

HP: http://diligenceparlour.tumblr.com

 


 

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載