DIYer 野尻美穂がジュエリーボックスをDIY

SHIPS プレス 野尻美穂さんが、前から欲しかったジュエリーボックスをDIY!少しアンティーク調に、だけどかわいい雰囲気には作りたくないということで、海外の道端で養殖(時間をかけて木材を風化させて味を出していく)されていた味のある木材を使用して、今回は「なかなか欲しいデザインに出合えなかった」というジュエリーボックス作りに挑戦します!

DIYer 野尻美穂がジュエリーボックスをDIY

ボックスの高さ、幅、アクリルを入れるフタなど、木材を採寸し、印をつけていく。

女子でも使いやすい電動ノコギリで、断面をまっすぐにカットする。ベースの板に木端を張り付けたら、木枠のフレームをつける。木材を45°でカットし、くの字になるように接着。きっちり正方形になるようにハタガネを使ってフレームを引き締めながら接着&クギ打ちしていく。採寸したメモリに沿って慎重に木材を切っていく。女子でも使いやすい電動ノコギリで、断面をまっすぐにカットする。

まずベースとなるボックスの下も部分を組み立てる。接する面を合わせて、所定の位置に穴をあけ、ビスでとめる作業を対角線上に行う

一つひとつ、木端を採寸して長さやカタチを整えていく。切った後はやすりを使って微調整。ノコギリで切り落とすため、はみ出した部分に鉛筆で印をつけていく。

45°で切り落とした4つの木枠を長めのネジを使ってつなげてフロントのフレームを作っていきます。

フロントのフレーム(フタの枠)ができたら、裏からアクリル板をはめる。アクリル板が外れないように、上から隠し釘を対角線上に6カ所止める。

これで、フタ部分が完成。

開く方と逆側をインパクトを使って蝶番でとめていきます。

取っ手をつけていきます。

ジュエリーボックスが完成!!

 

1件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!