空き缶をリメイク!鉢や小物入れの作り方

公開日 2015.07.13

更新日 2018.06.07

空き缶をリメイク!鉢や小物入れの作り方

ドリンクや缶詰などのブリキ缶に一工夫加え、インテリアアイテムとして活用するのが海外で大流行。日本でも徐々に盛り上がりつつあります。たくさんのバリエーションがありますが、特にプランター代わりにするのが人気のよう。エコ&キュートな『リメ缶』を少し勉強してみませんか?

トレンドは錆びをあえて押し出して、ジャンク風に仕上げること。忍耐力に自信があるのなら、屋外に放置するだけでOK。サンドペーパー掛けして塩水を塗ると、より早くエイジングが進みます。待っていられない場合は、木製家具用ワックスのBRIWAXを塗ってみましょう。すぐにアンティークな質感が出せますよ。コンロで炙ったり、赤錆発色液を使ったりするのも有効です。海外銘柄のラベルを貼れば、さらにインテリア感がアップ!

錆びさせた缶に多肉植物を寄せ植え。多肉独特のドライさが、ダーティな鉢にマッチしています。

思い切りジャンクな缶にガステリアを1株。オリジナルの立て札で個性もバッチリです。

口にわざとペンキを垂らしたり、フィギュアもディスプレイしたり。

ジュースの缶にビビッドなピンクを。アメリカ製ジャムのラベルを貼り付けてみたり。

ジャンクな匂いを強めるため、少し潰しているのがポイント。ポストモチーフもユニークです。

デコパージュのラベル、焼きやステンシルによる汚れなど、巧みの技が光ります。

室内で使うなら錆び加工せず、パステルカラーやテープで鮮やかに。

本来なら捨ててしまう空き缶も、わずかな工夫で大変身。雑貨屋やフラワーショップで完成品を購入することも可能ですが、決して難しい技術が必要なわけではありません。息抜きと実益を兼ねる、DIYレパートリーに加えてみては?

via :

foggy garden

多肉とおやじ

多肉植物と手作りのある生活

wood garden

dog's garden

STUDIO IN THE AFTERNOON

aya @ ink 361

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載