おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集

オフィスのデスク周りは書類や文房具でついつい散らかりがちです。デスク周りが散らかってしまう原因や断捨離のポイント、整理整頓し綺麗をキープする方法など、ものが多くなりがちなデスク周りをすっきりさせるオフィスの収納術やアイテムを紹介します。

公開日 2020.05.18

更新日 2020.05.18

おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集

仕事の生産性を上げるためにも、オフィスやデスク周りなど作業空間の整理整頓は重要です。
なかなかうまく片付けられない人や、仕事で毎日忙しく荒れ放題のデスクを片付ける時間がないと放置している人もいるでしょう。
「一度綺麗にしたつもりが、一週間もすればすぐ元通りになってしまう…。」とお悩みの方もいるかもしれません。
ものが散らかってしまう原因をしっかりと理解した上で、上手に整理整頓をし、それを維持する方法を紹介します。

オフィス収納って難しい!デスク周りが散らかる原因は?

オフィスを見渡してみると、同じ条件にもかかわらず、整理整頓ができる人とできない人がいます。デスク周りが散らかってしまう人の共通点に「モノの量が多すぎる」ことが挙げられます。
では、なぜデスク周りのモノが増えてしまうのでしょうか。
それは物品の優先順位や使用目的があいまいなことが原因です。
必要・不必要の判断が付かず捨てられない、いつ使うかわからないからとりあえず保管しておく、定位置が決まっておらず雑然と文房具や仕事用具が並べられているなど、さまざまな原因から管理があいまいになり、自然とデスクが散らかっていくのです。
「必要な書類を探すのに10秒以上かかる」
「引き出しの奥にあるものが何か把握できていない」
「デスクの上にしばらく触れていない文房具や書類がある」
といった事柄に当てはまる人がいたら要注意です。
おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集

心の乱れは机の乱れ

今や世界的企業となっているトヨタ自動車では、常に整ったオフィスや工場を実現し、業務効率は極限まで高める努力をしています。
その根底には「片付けは仕事そのものだ」、「片付けや断捨離が仕事の成果を出す」という考えがあり、ものを保管しておくスペースや時間の無駄を極力なくし、いらないものをすぐに処分するようにしています。
また、掃除の時間を業務時間に組み込むことで整理整頓への意識を向上させ、業務効率や優先順位を強く意識し業務に取り組むような人材育成を行っています。これは「トヨタ式片付け術」と呼ばれ、書籍にもなっています。

「いつか使うから保管しておく、または集めておく」といった心の緩みや油断が、デスクが散らかる原因を引き起こしているという意識を持ち、単に片付けをするだけではなく、慢心やおごりを整理整頓する気概が必要です。こういった考え方をもっているのはトヨタ自動車だけではありません。多くの製造現場では、「整理・整頓・清掃・清潔・躾(しつけ)」の最初の文字を取った通称「5S」をスローガンとして掲げ、気持ちを引き締め、ミスや事故を予防するよう心掛けています。心の乱れは机の乱れ、断捨離で心の油断も捨てて、デスク周りをすっきりさせましょう。

オフィス用品を収納する前に断捨離をしよう

おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集
デスク上にあるものを中にしまう前に、まずその書類や文房具などが本当に必要なものかどうかを判断し、断捨離をする必要があります。
断捨離をするメリットは、スペースの無駄を無くせることです。ものを置くには必ずスペースが必要になるので、余計なものや不必要なものがあふれていれば、それだけ無駄なスペースがあることになります。
二つ目のメリットは、時間の無駄を無くせることです。文房具をどこに置いたか、書類をどこにしまったかなど、これらを捜索するだけで時間をロスしています。
三つ目のメリットは、ミスの発生確率を減らせることです。書類やデータをしっかりと整理していないと間違ったものを使用してしまうリスクが高まります。

不用品を仕分けするポイント

不用品を仕分ける最も大切なポイントは「今使用するかどうか」です。これがないと、今仕事ができなくなるという「今使うもの」はまず置いておきます。
そして、「いつか使うもの」は使用期限を決めます。そして、その期限までに使用しなければきっぱり断捨離する対象にします。
最終的に、それら以外の「使わないもの」、すなわちこれが今断捨離すべきものにあたるということです。
基本的にデスクの上にはその日、乃至は毎日使うもの以外は置かないこと、また書類やデータは必ず日付やナンバリングをし、新旧を明確にすることが断捨離のサイクルをうまく回していくためのコツになります。
おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集
さらに、会社全体の断捨離を進めるには、保有期間の見直し、購入基準の設定、滅多に使わないものは共有すること、この3つが大切です。
まず、職場に定められている保管期間が根拠のあるものかどうかを見直してみてください。
「根拠は無いけどなんとなく保管している物」は捨てる対象になります。
また、社内の必要なストックがどの程度なのかを見定めることで、発注手段と所要時間をあらかじめ把握しておき、無駄なストックが増えることを抑制できます。
最後に、使わないものは社員同士の共有にすることで、それぞれが所有するためのスペースを削減でき、無駄な備品購入の機会を削減できます。
加えて、共有場所を設定することで、探す無駄も削減できるでしょう。

整理整頓でキレイなデスクをキープ

せっかく断捨離を行っても、ものが整理整頓されていなければ意味がありません。
整理整頓とは、物を必要なものと不要なものに分け、不要なものを捨て、必要なものを使いやすい場所に置くことです。
整理整頓が苦手な人は、いきなり整頓から入りがちな傾向があるので、まずは掃除をして、そして整理→整頓というステップで進むようにしましょう。
さらに掃除のルールを設けることで片付けを習慣化するようにしなければ、結局元通りになってしまいます。

①掃除をする

おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集
綺麗な職場を維持するための重要要素の一つは、清掃です。しっかりと掃除し、ものを綺麗に保ち、汚れをふき取るなど、整理整頓の事前準備をします。
また会社全体で掃除の習慣化を進める場合は、清掃用具は揃えてしまうこと、清掃の時間を業務に組み込み自己チェックを行うこと、責任者がしっかりと自己チェックの点検を行うこと、この3点が重要となるでしょう。
習慣化がうまくいけば清掃作業も短時間で済み、毎回の作業量も減っていくので、どんどん効率化が進んでいくことになります。

②整理整頓をする

二つ目は整理整頓です。ものの置き場を明確にすること、正しい場所に配置することを念頭において作業を進めてください。基本的な動作は「出す→分ける→減らす→しまう」となります。
デスクの引き出しの中を整理整頓するためには、まずそこに入っているものを一旦別の場所に全部「出して」みましょう。全部出してみることで、初めて中の様子全体を把握することができます。
おしゃれなオフィス収納でスッキリ快適!デスク周りの収納アイデア集
そして、出したものを必要なものとそうでないものに「分けて」いきます。ここでは不用品を分けるポイントで記載した方法に従って、分ける基準を明確にしておくことが大切です。
この基準があいまいだと分ける作業に余計に時間を取られることになりますし、後続の作業まで手が回らなくなってしまいます。
次は、断捨離するか、一旦別のところに置いて、ものを「減して」いく作業です。えないと判断されたものは、売る・譲るなどして活かすことがベターでしょう。
最後は、「分ける」作業で、必要と決まったものを元の引き出しに「しまって」いきます。最初は整理だけを徹底し、慣れてきたら配置の仕方についても徐々に工夫し、自分なりの整頓の仕方を構築していきましょう。

試してみたい!おすすめのオフィス収納グッズ

オフィスの収納に役立つ商品の特徴や魅力、価格帯、活用することで解決できる問題などを紹介していきます。

デスクボード

キングジムのデスクボードは、上にはパソコンの液晶ディスプレイを置き、下の空いたスペースにキーボードなどを収納できる机上台です。
温かみのある木目タイプやスタイリッシュなガラス天板などバリエーションが豊かで、整理整頓に一役買うだけでなく、デスク周りをオシャレにすることができます。
価格は、木目タイプが3,800円で、ガラス天板が3,800円です(別途消費税)。

デスクポケット

キングジムのデスクポケットは、机の周りのデッドスペースを活かした、引出しに付けるタイプの新しい収納です。ノート・電卓・筆記用具などよく使うツールに合わせて機能的なサイズとなっていて、引き出しの外に設置するので、出し入れがしやすく、作業効率アップ間違いなしでしょう。
ポケットも複数あるためたっぷり収納が可能となっていますし、引出しの前板にかけるだけで取り付けられ、強力なネオジム磁石と滑り止めでしっかり固定されます。価格は、3,800円です(別途消費税)。

仕切りスタンド

細かい仕切りがついた無印良品の仕切りスタンドは、机の上の書類や冊子を立てて収納できるほか、タブレットなどの電子機器を収納しておくのにも便利です。
透明感のあるアクリル仕切りスタンドは、ブックエンドとして使用するのに便利なアイテム。書類だけでなく参考書などもまとめることができるので探す手間も省けます。

デスク内の整理グッズ

無印良品のデスク内整理トレーは、デスクの中の整理のために作られた整理グッズです。四角いトレーはサイズを自由に組み合わせることができ、机の引き出しの中を思い通りに整理できます。価格は、一つ100~200円程度です。整理ボックスを組み合わせて、思い通りの引き出し収納を実現することも可能です。
無印良品の収納キャリーボックスを使用すれば、筆記用具をまとめてしまっておける上、使いたい時にすっと取り出すことができ、また持ち運んでいろいろな場所で使えます。充電用のスタンドとしても使用可能で、机の上に置いておけばタブレットなどの定位置とすれば、コードやアダプターなどもひとまとめにしておけるのでより便利に収納できるでしょう。価格は990円とリーズナブルです。
無印良品の小物ラックは、ものを斜めに収納でき、収納棚を重ねることによって、省スペースでの整理が可能となります。奥行きのあるタイプは、ペンスタンドとして使うのにもぴったりです。価格は、1,990円です(別途消費税)。
IKEAのレターケースは、壁掛け式のマガジンラックです。机周りの壁に取り付けておけば、書類を省スペースで管理することができます。気が付くとついつい増えてしまう紙類も収納場所を決めておけば、散らかることもなくなるでしょう。価格は、1,999円(消費税込み)です。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク