ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

日本製にこだわり性能や縫製にしっかりと取り組んできているダンロップのテントは、高い信頼と実績があります。現在ではVシリーズ、VSシリーズなどシリーズ化をはかっていて、それぞれ目的別にテントを製作しています。ここではダンロップのテントを紹介しています。

公開日 2018.11.07

更新日 2018.11.21

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

今回ご紹介するのは、世界的にも高い評価を得ている日本のメーカー、ダンロップが製作するテントの数々!意外に思われるかも知れませんが、かなり本格的なテントを多数ラインナップしており、それぞれのシリーズに固定のファンがついているのがダンロップテントの特徴です。ここではそれらの魅力をご紹介しますので、ぜひ確認してみてください!

テントの種類

テントの種類は、ドア、組み立て方式、シーズンなどで分類されます。まず、ドアは1ドアタイプと2ドアタイプがあります。1ドアよりも2ドアの方が通気性がよく、 1つのテントで複数人が寝た場合の出入りも楽でしょう。また、テントを使用するシーズンも、冬を含めて使用できる4シーズンタイプと冬以外の使用を前提とした3シーズンタイプがあります。
そして、形状で分類するとドーム型テント、ツールーム型テント、ワンポール型テントなどがあります。主にダンロップが扱うドーム型テントは組み立てがしやすく、もっともベーシックでオーソドックスなタイプです。

ダンロップのテントここが凄い!!!

ダンロップと聞けば、まずイメージするのはタイヤではないでしょうか?しかし、実はアウトドアギアの開発販売も長年行っており、その中でも特にテントの評価は高く、海外遠征ではヒマラヤなどでの使用実績もあります。商品のラインナップはそこまで多くありませんが、本格的な冬山登山をする際のベースキャンプテントから軽量小型のツーリングテント、初心者向けのコストパフォーマンス重視のモデルなどを展開しています。
特に近年のモデルはダイヤゴナル構造や、軽量・高強度なフェザーライト・ポールの採用、スクリューフック、荷重分散メッシュの使用など、強度と軽量化を高い次元で両立させています。
また、製造は日本製にこだわりを持っているので、高い信頼性があります。特に縫製は、テントの耐久性の大きな部分を担うもので、この部分を高い縫製技術を持つ日本が担当しているという点も安心感に繋がっています。

テント選びのポイント

初心者でも失敗せずにテントを選ぶためにも注目すべきポイントは「目的」「機能性」「価格」です。まず最初に考えるべきは「目的」です。例えば、週末のファミリーキャンプで使いたいのか、ツーリングなどで使いたいのか、それとも冬山でのベースキャンプや登山用に使うのかということです。4シーズンテントは厳冬期の冬山での使用から、蒸し暑い日本の夏における運用までが想定されているため、気候を全てカバーすることができます。3シーズンテントは春夏秋の3つの季節までを想定しているので、冬での快適なキャンピングや雪山などでは使用を諦めざるをえません。目的をはっきりさせることで、4シーズンテントを選ぶべきか3シーズンテントにするべきかという選択肢をクリアすることができます。また何人で使用するかによっても絞ることができます。
次に重視すべきが「機能性」です。ただ単に寝るだけでよいのか、持ち運びを考慮するのか、ベースキャンプ的な運用をするのかなどです。ダンロップのテントの場合、シリーズごとに明確に機能性が分けられているので、実際にテントを張って使う場面についてよく考える必要があります。
最後は価格です。予算の範囲内で手が届くテントを選びましょう。以上の3つのポイントを押さえれば、数多くあるダンロップのテントの中から、最適なテントを探し出すことができるでしょう。

オールシーズン対応「VSシリーズ」

VSシリーズは、Vシリーズから引き継いだ耐久性を重視しながら、軽量でコンパクト、かつシンプルな作りを狙いとした個人使用向けのオールシーズンテントです。耐久性はVLシリーズ以上でありながら、Vシリーズを凌駕した軽量性とコンパクトさは必見!冬山を含めたコアな登山者をターゲットにしています。現在のVSシリーズは30年前の名作であるDTシリーズのカラーを復刻し、最新の技術で作られながら、どこか懐かしさもあるテントに仕上がりました。別売りオプションとして、VLシリーズと共通で使用できるグランドシートがあります。

コンパクト アルパインテント 1人用 VS-10【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

ダンロップで人気の高いVSシリーズの1人用テントです。素材はポリエステルが中心に使われていますが、軽量化とテントの剛性を高めるためにDAC社のNSLタイプのポールが使用されています。それぞれのサイズに応じて必要とする剛性を考慮し、最適な口径が使われているというこだわり感もポイント!

コンパクト アルパインテント 2人用 VS-20【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

大人2人まで使用できるサイズのアルパインテント。大人2人で使用するもよし、ソロで荷物置き場の確保と居住性を両立させてもよいでしょう。ちょうどよいサイズ感で、設営は1人用とほぼ変わらず簡単にできます。

コンパクト アルパインテント 2人用ロング VS-20T【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

アルパインテントVS-20のロングタイプです。間口が205mmから225mmにまで延長されました。205mmの場合、荷物も考慮すると身長180cm以上の人が寝転ぶにはやや窮屈でしたが、ロングタイプなら余裕をもって寝ることができます。2.5人用くらいのサイズ感なので、2人用でやや狭い、3人用は広すぎるといった場合にもありがたいランナップです。

コンパクト アルパインテント 3人用 VS-30【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

3人用のテントなので、3人で使用するか、荷物置き場に余裕をもたせた2人使用に向いているサイズです。素材が軽量なので、3人用のサイズでも2kg以下で、自転車に積んで運ぶことも可能!設営も簡単で、1人で設営することができます。

コンパクト アルパインテント 4人用 VS-40【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

VSシリーズの4人用テントです。大人4人がぎりぎり使用できるサイズなので、週末キャンプなど軽いアクティビティで利用する場合は大人2人、子ども1~2人にファミリーでちょうどよい広さです。しかも、この広さで重量は約2.25kgという軽量性を実現しているのは驚くべきポイントでしょう。

コンパクト アルパインテント 5人用 VS-50【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

VSで最大の5人用テントです。サイズが210×210×120cmに拡張され、上部からは正方形に見えます。長辺が1人用モデルと大差がなく、また高さが120cmと低めであることもあって、5人用でありながら設営は1人でもでき、非常に扱いやすくなっています。このサイズで総重量が3kgしかないというのも大きなポイントです。

(2018年限定モデル) コンパクト アルパインテント 2人用 VS-20A【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

VSシリーズの2人用2018年限定モデルです。ライトグリーンとアイボリーの鮮やかなカラーリングによって、より印象的なイメージになっています。また、違いはカラーリングだけでなく、通常のVSタイプよりもさらに通気性と居住性を向上させるため、テントの両側面に出入り口と前室が配置されました。その結果、前室の面積は倍になり、風通しも向上しました。特に夏のキャンプを多くするユーザーにとっては嬉しい仕様となっています。

(2018年限定モデル) コンパクト アルパインテント 3人用 VS-30A【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

VSシリーズ2018年限定モデルの3人用テントです。2人用同様、2018年限定モデルだけのカラーリングや2面出口が用意されています。限定モデルのうち、サイズ的には最大のテントです。しかし、限定モデルは2人用のほかにロングタイプも発売されているので、2~3人用テントとして複数の選択肢が用意されています。

オールシーズン対応グループユースの「Vシリーズ」

タフな状況となりうる厳冬期の冬山登山をも想定したオールシーズン用グループテントのシリーズです。他のシリーズとの大きな違いは、風圧に対する耐久性で、天井部をできるだけ低くするとともに素材と構造にこだわったことで、通常のテントにはないタフさを実現しています。オプションとなる冬用外張とサイドポールを使えば、厳冬期のキャンピングでも快適に居住空間を確保できます。

タフコンディション・アルパインテント 6人用 V6【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

オールシーズンの多人数テントの決定版ともいえるモデルです。あらゆる状況でもつぶれない・飛ばされない強さを追求した構造に。天井は低く設定されていますが、天井を面で支えることによって圧迫感を感じさせません。旧モデルから20%近く軽量化に成功したため、収納もよりコンパクトになりました。

タフコンディション・アルパインテント V6テント対応 テント用外張【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

タフコンディション・アルパインテント V6をさらにタフにする外張テントカバーです。テント本体を丸々覆う構造で、耐風性や機密性を向上させます。雪対策のスノースカートが雪や風の侵入をしっかりブロックし、外張り式なので居住空間を狭めることはありません。オレンジ色で目を引くので、一目でどこにテントがあるのかがわかります。

タフコンディション・アルパインテント V6テント対応 グランシート【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

Vシリーズのオプション品のグランドシートです。長年Vシリーズを愛用していると経年劣化で床部分の防水性が低下した状態になってしまうことがあります。そうしたテントにグランドシートを導入することで、防水性を改善することができます。また、状況によってグランドシートとしてだけではなく、タープとしても利用できるという珍しい仕様です。重量も500gと負担になりにくいのもおすすめのポイントです!

タフコンディション アルパインテント V6テント用 サイドポールセット【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

受注生産の専用オプション、サイドポールセットです。これと「タフコンディション・アルパインテントV6テント対応テント用外張」をセットにすることで、広い前室空間を確保することができるようになり、運用の幅が大きく広がります。受注生産のため、V6テントの使用に慣れた方が冬山登山での快適性を求めて導入するとよいでしょう。

タフコンディション アルパインテント V6テント用 ポールセット【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

V6テント用のポールセットです。ポールだけ別で購入することができるので、万が一ポールが劣化したり破損したりしてもテントを使い続けられます。ポールは応急処置が難しい場合もあるので、厳しい環境で長期間使う場合は、予備として注文しておくと安心でしょう。

タフコンディション・アルパインテント 8人用 V8【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

優れた居住性を維持しつつ、さらなる軽量化に成功した遠征や合宿などに最適な8人用ベースキャンプテント。ヒマラヤ登頂のために時代の粋を集めて開発された初代のVシリーズから、さらに軽量化しているにもかかわらず強度は従来のまま。ダイヤゴナル構造でテントに剛性が生まれ、風による横揺れを防ぎ、居住性が格段に向上しています。ベースキャンプとして長期間滞在する場合でも快適に過ごすことができます!

タフコンディション・アルパインテント V8テント対応 テント用外張【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

V8用の外張りテントカバーです。V6と同様に全体をすっぽりと包み込む形状をしているため、V8の大きな売りである居住性を犠牲にしません。それでいながらテントの機密性と耐風性を向上させるため、V8がさらに快適なベースキャンプテントに変貌することでしょう。また、サイドポールと併用することで厳冬期でも快適に過ごせる居住空間を確保できます。

タフコンディション・アルパインテント V8テント対応 グランシート【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

V8対応のオプションで、ポリウレタンで防水加工されているグランドシートです。経年劣化で低下したV8の床部分の防水性能を補います。こちらもグランドシートとしてだけでなく、タープとしても使用できます。220×360cmサイズにもかかわらず、重量が750gと軽量で、付属の収納袋で簡単に持ち運びができます。

3シーズン対応の「VKシリーズ」

VKシリーズは、軽量化をはかりながらも、居住性と通気性を重視したシリーズです。コストパフォーマンスのよい3シーズン対応テントなので、初心者から使用できます。カジュアルスタイルやスポーツスタイルでのグループユースがおすすめで、2種類のテントが用意されています。シンプルで設営しやすく、壊れにくい構造を追及されているので、冬山を登らない学生山岳部や社会人山岳会に最適です。

3シーズン用登山テント 4人用 VK-40【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

大きめの出入り口が2箇所設定されているので、通気性が高く、210×210cmの広さは4人の使用に十分耐えられるでしょう。他のシリーズと比べて、冬山登山などの冬に本格的なキャンプをしないのであればこのシリーズが視野に入ってきます。初心者にも優しい仕様となっているので、ファミリーキャンプなどで活躍するでしょう。

3シーズン用登山テント 6人用 VK-60【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

居住性に優れたグループユース向けの6人テントです。3シーズン対応で、グループで使用することを想定して十分な強度を持たせるように設計されています。設営しやすいシンプルな構造で、アフターケアやメンテナンス面にも配慮されているのもポイントです。ポリウレタンで防水加工されているので、雨の日も安心。

3シーズン対応ツーリング用「Rシリーズ」

軽量化と耐久性、コンパクトさを重視したのがツーリング用に設計された3シーズンのRシリーズで、インナーテントとフライシートの素材が30デニールナイロンリップストップに変更され、さらに軽量化されました。構造がシンプルなので、慣れれば5分程度で設営できてしまいます。しかも、風が強いときはテントの四隅をペグで固定してから設営できる吊り下げ式を採用しているのはダンロップならではでしょう。このシリーズは一度廃盤となりましたが、根強い人気に支えられ復刻を果たしました。

3シーズン用ツーリングテント 1人用 R127K【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

ツーリング用テントながら前室を大きくオープンできるようになっているので、テントへの出入りがしやすく、暑い夏でも通気性を確保しやすい作りに。総重量が約2kgで、仕舞寸法の最大長が37cmと非常にコンパクトです。ツーリングだけでなく、登山やキャンプなど、アウトドア全般で活躍してくれます。

3シーズン用ツーリングテント 2人用 R227K【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

大人2人用のツーリングテントです。奥行きが120cmなので大人2人がぎりぎり並んで寝ることができる位のサイズですが、間口が210cmと広めのため、荷物スペースも確保できます。ソロユースでスペースが欲しい方にもおすすめ!総重量は約2.5kgと、登山やバイクツーリングなどでも荷物になりにくいおすすめのモデルです。

3シーズン用ツーリングテント 専用フライシート 3人用 R327NF【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

Rシリーズ3人用テントのオプションの専用フライシートです。カラーリングがレッドなので一目で自分のテントがどこにあるかがわかります。もちろんフライシートとしての機能性も十分で、かなり大きく前室が確保できます。小さなテーブルとブーツを置ける程度のスペースがあるので、ある程度テントでの居住性を確保したいRシリーズユーザーにとってはありがたい製品でしょう。

テントアクセサリー

アルミカラーペグ レッド【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

ダンロップテントのオプション品のカラーペグです。アルミのレッドカラーリングが綺麗で、女性にも人気があります。かなり目立つのでテントが立ち並ぶ場所で設営を行う際に、自分と他人のペグを間違う心配もありません!ちょっとしたおしゃれ感覚で使うこともできるアイテムです。

アルミカラーペグ オレンジ【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

ダンロップテントのオプション品のカラーペグで、こちらはオレンジ色にカラーリングされています。他の色よりか汚れが目立たないので、メンテナンスを考えるならこの色がよいでしょう。他のペグと購入して用途別に分けることもできます。

アルミカラーペグ イエロー【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

ダンロップテントのオプション品です。イエローのペグは、他のペグよりも夜間の視認性に優れているので、夕方に設営を始めるのであればイエローのペグがおすすめ。おしゃれさと実用性を両立させたい場合にも活用できます。

マグネシウムペグ【DUNLOP(ダンロップ)】

ダンロップのテント選んでみよう!!おすすめテント21選とアクセサリー

マグネシウム合金を使用し、1本たった8gしかないというVシリーズ純正品の中で最軽量のペグです。特に自転車ツーリングなど、少しでも荷物を軽くしたい場合は、金属部品であるペグの軽量化は必須でしょう。純正でこれだけ軽い製品を販売してくれているのもダンロップの魅力の一つです。

まとめ

ダンロップのテントは、高い評価と実績によって積み上げられた高い信頼性が特徴です。その評価と実績は、なによりも実際に使った際の耐久性に裏付けられており、さらに居住性や軽量性も追及されています。このように耐久性・居住性・軽量性の3方向に妥協せずこだわり続けているダンロップのテントには多くの愛用者がいます。もしも信頼できるテントを選びたいと思ったら、ダンロップのテントに注目してみてください。用途にあった最適なテントが見つかることでしょう。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!