【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!

「工業的な」という意味を持つインダストリアルの要素を、インテリアに取り入れてみませんか?インダストリアルスタイルのイメージや空間作りのヒントを、適した壁紙を取り入れた事例を含めながらご紹介します。ぜひ参考にしてみてください。

公開日 2019.11.13

更新日 2019.11.13

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!

インテリアデザインの方向性にはさまざまなタイプがありますが、近年注目を集めているのが「インダストリアルスタイル」を取り入れた空間です。そもそもインダストリアルとは、いったいどのようなインテリアのことを指すのでしょうか。ここでは、インダストリアルの意味や魅力などの紹介から、インダストリアルでアメリカンな空間を壁紙選びで実現している事例までを、まとめてご紹介します。

インダストリアルスタイルってどんなイメージ?

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
そもそも、インダストリアルなスタイルとはどのようなものなのでしょうか?インテリアに採用する前に、まずは意味やその魅力について知りましょう!

インテリア用語「インダストリアル」とは

「インダストリアル」とは、工業的、工業の、といった意味を持つ英語です。インダストリアルスタイルは、工業製品として生産された家具や室内設備に代表される、無機質さと無骨さを兼ね備えたデザインが特徴。その機能性や実用性から、高い評価を得ています。タイルやコンクリート、メタルなどのマテリアルをベースに、木材、レザー、ファブリックなどを組み合わせて作られるのもポイント。そうすることで、シンプルながらも重厚でスタイリッシュな空間を形成することが可能になるのです。
現在、日本のインテリア業界では、「工業的な要素を取り入れた空間作り」という意味で使われています。

インダストリアルスタイルの魅力

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
工業的な要素をふんだんに採用したこのスタイルは、シンプルなビジュアルながらも洗練されたインテリアを実現できるのが大きな魅力です。また、独特の無骨な雰囲気は、一般的なインテリアデザインとは一線を画しており、オリジナリティを十分に出せるでしょう。

このスタイルではスチール製の家具などを多用するので、わざと錆に見える加工を施すことで、ほどよいヴィンテージ感を演出することもできます。オシャレなオトナの空間を作りやすいのは大きな魅力でしょう。

また、壁紙や家具などワンポイントで変化を加えるだけでも、インダストリアルな雰囲気を出すことは可能です。そのため、大掛かりなリフォーム工事なども必要なく、リーズナブルに空間形成ができるのは、何よりのメリットといえるでしょう。画像はInstagramで見つけた@ rco__66さんの投稿からピックアップ。

すぐできる!インダストリアルスタイルな空間を作るヒント

その気になれば、DIYでもお部屋をインダストリアルスタイルに仕上げられます。ちょっとしたポイントさえ押さえておけば誰でもすぐにできるので、まずは全体的な空間作りのヒントをご紹介しましょう。さっそく今日からでもチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

照明

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
オシャレな空間作りに、欠かせないアイテムの一つが照明。シーリングライトやペンダントライトを交換するだけでも、お部屋の印象は大きく変わります。現在では照明もさまざまな製品が販売されており、中には無機質でヴィンテージ感漂うものや、最初からインダストリアルを意識したデザインのものもあります。そうしたアイテムに変えるだけでOKなので、手軽にトライできるでしょう。

ポイントとしては、素材に金属が多く使用されている照明をチョイスすることです。インダストリアルな空間作りでは、メタル素材を上手に取り入れることが重要なポイント。例えば、電球がむき出しで、金属のカバーが付いたアイテムなどはピッタリです。

また、シーリングライトからペンダントタイプの照明に交換するだけでも、グッと無骨な雰囲気になるでしょう。空間のイメージを引き締めるアクセントにもなります。画像はInstagramで見つけた@kumacokumaoさんの投稿からピックアップ。

小物や収納

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
インダストリアルスタイルを取り入れるポイントの一つは、メタルと木材といった異素材の融合です。壁付けの収納棚でも、棚板を木材にして受けを金属にする、もしくはその逆にしてみるといったように取り入れるだけで、お部屋の雰囲気をインダストリアルに変えられます。

使うなら、特にブラックカラーのスチール棚がオススメです。それだけで無骨な印象を与えられる上に、アイデア次第でヴィンテージ感も出せます。錆びているような加工や、わざと色あせたような細工をすれば、よりヴィンテージ度がアップするでしょう。画像はInstagramで見つけた@ akanee.fさんの投稿からピックアップ。

ちょっとした小物も、工夫次第でインダストリアルスタイルに変えられます。例えば、手紙やポストカードなどを入れる箱を作る場合、木枠と金属メッシュを組み合わせると、無骨なデザインが出来上がります。シンプルな分、使い勝手も抜群です。

リビング

大切なのは統一感のあるビジュアルを意識することです。ブラック、またはダークブラウンをベースにして家具を揃え、金属素材のアイテムを配置すれば、かなりそれらしい雰囲気を演出できるでしょう。

リビングで必須のアイテムといえばソファが挙げられますが、これはできればレザー製をチョイスしたいところ。レザー素材だとほどよい光沢があるため、金属素材との相性も抜群です。ヴィンテージ感のあるもの、レトロなアイテムなどを配置すると、無骨な空間に安らぎを加えられます。

キッチン

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!

キッチンは、インダストリアルなテイストを付与しやすいスペースです。例えば、キッチン用品を黒で統一するだけでも、全体の雰囲気が変わります。さらに、レンジ台を木製にして、アンティーク感のあるトースターやオーブンなどを配置すると、インダストリアル感がアップ。画像はInstagramで見つけた@ tongarihouseさんの投稿からピックアップしています。

また、ダイニングの雰囲気を変えるのなら、まず考えなくてはならないのがテーブルとイス。オススメなのは、天板が木材で脚に金属素材を使ったものです。インダストリアルスタイルを実現する上で重要になるのは、何よりも異素材の組み合わせ。木材と金属は、インダストリアルスタイルに最もマッチする組み合わせなのです。

壁紙の選び方が絶妙!インダストリアルスタイルの参考アイデア

ここからは、インダストリアルスタイルを実現するための具体的なアイデアをいくつかご紹介します。壁紙を変えるだけでもまたたく間に空間がインダストリアルな雰囲気になるので、ぜひ参考にしてください。合わせてインテリア選びにもこだわれば、さらにクオリティの高い空間が創造できるでしょう。

インダストリアルスタイルな壁紙でヴィンテージ感を楽しむ

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
手軽にヴィンテージ感を出したいのなら、壁紙を貼り換えてみましょう。オススメなのは、コンクリート打ちっぱなし柄の壁紙。貼り換えるだけで、それまでの部屋に、シンプルかつ無機質な印象を取り入れられます。

また、レンガ調の壁紙もオススメです。最近では、立体的な、はっきりと凹凸が分かるものもあります。そのようなタイプの壁紙なら、さらにリアルな質感を実現できるでしょう。画像はInstagramで見つけた@ m_no_ieさんの投稿からピックアップ。

壁紙の貼り換えはプロの業者に依頼するのが一般的ですが、DIYでも不可能ではありません。最近では、既存の壁紙に直接貼れる製品も販売されているので、それを使えばわざわざ剥がして貼りかえる手間も不要です。さまざまな種類があるので、お気に入りを見つけてみましょう。

コンクリート打ちっぱなし風壁紙で作る男前カフェ風空間

画像はRoomClipで見つけたhiroyakizawaさんのリビング。男前カフェ風な空間にしたい場合も、コンクリート打ちっぱなし風の壁紙がベストです。また、コンクリートパネル風の壁紙でもマッチするので、お好みでチョイスしましょう。

ここでも大切なのは統一感と異素材の融合。テーブルやイスなど家具の色彩を揃える、金属製品と木製品のバランスを考えることが重要です。
古材風の板を天板に使ったテーブルを配置すれば、一気にヴィンテージ感あふれる空間に。ユーズド感があるほうが、より男前な雰囲気をかもし出せるでしょう。

ダークなレンガ柄壁紙を使えば一気にインダストリアル感UP

ダークな色調の壁紙にすると、部屋が暗くなると思われるかもしれません。確かに、単色のブラックやダークブラウンといったカラーの壁紙を貼ってしまうと、暗い印象の部屋になってしまうことはあるでしょう。

しかし、同じダークな色調でも、レンガ調の壁紙ならほどよいインダストリアル感を実現してくれます。壁紙が空間の印象に与える影響はとても大きいので、手っ取り早くインダストリアルな雰囲気を出したいのなら、ダークなレンガ調の壁紙を採用してみましょう。

壁紙にデザインされたレンガの形状にこだわるのもポイントです。形状が違えば、空間の印象は大きく変わります。ナチュラルでふんわりとした雰囲気を出したいのなら角が丸まったタイプを。逆に、重厚さやラグジュアリーさを求めるのならきちんと角のあるタイプを選べば、理想通りの雰囲気を得られるでしょう。

レンガが不規則に並んだデザインもあれば、きっちりと配置された壁紙もあります。並び方も空間の印象に与える影響が大きいので、インテリアとのマッチングも考えながら選びましょう。画像はRoomClipに投稿されているyupinokoさんのコーディネートです。

ダークカラー壁紙と「黒」でインダストリアルスタイルが映える

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
うまくブラックカラーを取り入れることが、インダストリアルスタイル成功の秘訣です。壁紙はもちろん、家具や家電、その他小物にも上手に黒を使ってみましょう。壁紙の場合、単色で真っ黒のものよりは、吹き付け風や岩のような質感のものが雰囲気を出しやすくなります。

また、部屋のドアが黒ならそれに合わせてソファやテーブルの脚も合わせるなどすると統一感を出せるでしょう。ポイントごとに黒を採用することで部屋全体の雰囲気を引き締められます。画像はmarionさんのアイデアで同じくRoomClipから。

「木目」「アイアン」「タイル」異素材を組み合わせ

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
木目調の壁紙にするのもオススメです。木目調と一口にいってもさまざまなタイプがありますが、やや劣化した感じのデザインを採用したものが、インダストリアルスタイルにはマッチします。また、タイル調の壁紙にして、家具や家電を木材、アイアンなどで統一するのもよいでしょう。

異なるマテリアルを組み合わせるのは、インダストリアルスタイルの基本。テーブル一つとっても、木材とアイアンの組み合わせは、それだけで立派にインダストリアルな雰囲気を出せます。画像はInstagramで見つけた@ nobo_interiorsさんの投稿からピックアップ。

ホワイト×コンクリートで叶えるインダストリアルスタイルは女性にもオススメ

【インダストリアルスタイル】壁紙で男前アメリカン空間を作ろう!
男性から好まれるイメージがありますが、実は女性にも人気のあるインダストリアルスタイル。無機質で無骨な印象ですが、そこに魅力を感じる女性が増えています。白い壁紙に、コンクリート調のフロアシートなどを合わせるだけでも一気にインダストリアル感がアップ。取り入れやすいので、初めてこのスタイルにトライする人にもオススメです。

このスタイルに挑戦するなら、インテリアにもこだわりたいところ。相性のよいシンプルなペンダントライトを配置するなど工夫してみましょう。画像はInstagramで見つけた@ momokan62さんの投稿からピックアップ。

個性的でカッコいい空間が魅力のインダストリアルスタイルは、ちょっとしたアイデアですぐに実現できます。ここでご紹介したのはあくまで基本なので、自分なりにアイデアを組み合わせて、オリジナリティの高い空間を実現してみてはいかがでしょうか?

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載