レザーコインケースをDIY in 台湾!

男性・女性問わずに人気の高いDIYプロダクトであるレザークラフト。今回はシンプル&コンパクトでおしゃれなレザーのコインケースの作り方をご紹介。その作り方を教わってきたのは、まさかの台湾!DIYer(s)編集部が海を渡り、台湾は台北市で人気のレザーショップ「Hsu & Daughter」にてレザークラフトのDIYにトライしてきました。

公開日 2017.07.21

更新日 2017.07.21

レザーコインケースをDIY in 台湾!

羽田空港から約3時間のフライトで台北市内へ到着!

台北市の大安區エリアに店を構える「Hsu & Daughter」。

代官山や中目黒にあるショップのようなおしゃれな外観です。

今回レザーコインケースを教えてくれたショップお店は、台湾でも人気のレザークラフトショップ「Hsu & Daughter」。父親が娘の願いを叶えるために初めて作ったバッグを見て娘が感動するように、父親の優しさがこめられたレザークラフトをコンセプトとしたお店です。

こちらがお店オススメのバッグやお財布。こちら全て自分でDIY出来るんです!もちろん購入もできます!

色や素材が変わるだけで雰囲気が変わるレザークラフト。見ていると他の色のプロダクトも欲しくなっちゃいます。

台湾に3店舗あるショップですが、今回は本店へ。店内は、革職人の方々の作業スペース、販売スペース、ワークショップの作業スペースと3つのスペースに分かれています。また、店内に並んでいるほとんどのレザーアイテムは、「Hsu & Daughter」で行われているワークショップでDIY可能なプロダクトばかり。もちろん難易度はそれぞれ異なり、9時間かけて作るバッグや、3時間で作れる名刺入れやメガネケースなど豊富なアイテムが揃っていました。

こちらがお店オススメのバッグやお財布。こちら全て自分でDIY出来るんです!もちろん購入もできます!

さっそくワークショップスペースへ
話を聞くと、台湾ではレザークラフトは若い女性に人気なんだとか。ワークショップスペースで作業されている方も女性が多かったです。

ワークショップスペースの様子がこちら。なんと先生がマンツーマンで教えてくれるので、安心して作れますまた、一回のワークショップで完成できなかった場合は、また次回時間がある時に来て完成させる事も可能です。

こちらが革職人の方々の作業スペース。レザークラフトのアイデアを出したり、販売品を作ったり、カスタムメイド品を制作しているとのこと。

上から垂らすように設置した金網に引っ掛けるという、道具の収納方法は真似したいアイデアですね。これなら、道具が取り出しやすく、どこに何があるのか一目瞭然なので、仕事効率も上がりそうですね。

ショップにはレザークラフトDIYに必要な道具がすべて揃っているので、見たことのない道具を見て、何に使うものなのか先生に聞きながら勉強するのも楽しみ方の一つ。

それではさっそくコインケース作りにトライしてみましょう!

材料と道具 作業時間:1時間

ハンマー
レザー (型紙にそって既にカット済み)
カッティングマット

ミンクオイル
トコノール
水を含ませたスポンジ
針 2本
布切れ
ゴム板
ヘラ
ウッドスティック
キリ
穴開けパンチ
菱目打ち
カッター

作り方

STEP: 01

取材に訪れた日、こちらの前に訪問した取材先で押されたスタンプが残ってしまっている筆者ですが、ご愛嬌ということで。

型紙にカットしてあるレザーの中から好きな色を選びます。ヌメや茶色などの定番以外に赤や緑など、ホームセンターなどでは見かけない色もあります。今回は紺色をチョイスしました。

まず、レザー裏側の床面と呼ばれる部分の傷みや毛羽立ちを防ぐために、トコノールという無色の塗料を塗ってヘラで伸ばしていきながら磨いていきます。この時、少量ずつ真ん中から外側に広げていくのがコツです。広げる時にレザーからはみ出してしまい、こぼれないように注意しましょう!

STEP: 02

ヘラで広げたら、円錐状のスティックを使って表面を磨きます。ほかの部分にも床面にトコノールを広げて、スティックで磨くを繰り返していきます。

STEP: 03

次に、革の角を滑らかにするために、水を含ませたスポンジを使って軽く湿らせたのち、スティックの溝部分で滑らかになるように磨きます。この時に、水を多く含ませすぎてこぼれないように注意してください。そしてスティックで磨く時は、一定のスピードを保って丁寧に磨くと表面が滑らかになります。

STEP: 04

型紙を重ねて、金具を取り付ける部分と縫い合わせる部分それぞれにキリでしるしを付けます。ここは穴の位置を間違えないためにも先生にお任せします。

STEP: 05

型紙を重ねて金具を取り付ける場所に穴開けパンチで穴を開けていきます。縫い合わせる場所は、菱目打ちを使って穴を開けます。

STEP: 06

穴を開けた閉じ口に金具を取り付けます。この時、外れないようにボンドでしっかり固定して取り付けます。

STEP: 07

先生のおかげか、作業がスムーズに進んでいきます。次は、ステッチの色を決めます。色を決めたらロウ引きという糸の毛羽立ちと糸の緩みを防ぐ作業へ。糸の表面にロウをすべらせることで、糸の表面がキュッとまとまってキレイになります。

STEP: 08

糸の両端に2本の針を通します。この部分はちょっと難しいので先生のやり方を見て学びます。

STEP: 09

穴をあけた部分を重ねて、2本の針を使って表と裏から糸を縫い合わせてレザーを固定させます。この縫い方はサドルステッチと呼ばれる、メゾンブランドのカバンなどにも用いられる見た目・強度ともにクオリティが高く仕上がる縫い方です。

STEP: 10

あと少しで完成です!最後に表面を滑らかにするために、ミンクオイルを布に少量付けて、布を回すようにして磨いていきます。

STEP: 11

最後に、好きな文字を刻印を使って入れたら出来上がりです。文字を打つ前に濡れたスポンジで皮の表面を軽く拭いて乾く前に文字を打つとキレイな仕上がりになります!
これでレザーコインケースが完成です!
所要時間はぴったり1時間。DIYで作るオリジナルコインケースの出来上がりです!


価格:1,080台湾ドル
サイズ:H8.5 x W10.3 x D1.5 cm
レザーの種類とステッチの色を自分の好きな組み合わせにすることで、オリジナルアイテムが作れてしまいました。そして、難易度が高いと思われがちなレザークラフトが1時間で出来上がってしまうのにもびっくり。先生からやり方を学んで作ってみることで、ハードルが高かったレザークラフトへの興味がより強くなりました。今後、レザークラフト用の道具を揃えて、新しいアイテムを自分でDIYするきっかけになりそうです。

今回はコインケースでしたが、ほかにもバッグや財布なども作れますので、是非台湾にお出かけの際は訪問してみてくださいね。

SHOP INFORMATION

Shop Name
Hsu & Daughter

Tel
0886 2- 2362- 0321

Address
台北市大安區羅斯福路3段283巷14弄14-1號

Business Hour
11:00 - 22:00
Monday - Sunday

Closed
なし

URL
http://www.hsundaughter.com/
*掲載商品は完売の場合がございます。事前に店舗にご確認の上お出かけください。

関連記事

レザーで始める手作り財布!2種類の財布で基本を学ぶ!

レザーで手作り財布をDIYしてみたい!ある日そんな思いが生まれたDIYer(s)編集部メンバー。とはいえ、レザークラフトに関しては全くの無知である一同。そんなDIYer(s)へレザークラフトに関して、0からしっかりと教えてくれる先生がいたのです。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!