おすすめワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

気温がグッと上がり、アウトドアやレジャーが気持ちいい季節になりました。そこで欠かせないのはスピーカー。大空の下で聴く音楽は心地いいものです。ということで、オススメのワイヤレススピーカーをご紹介します!

2018.05.12

おすすめワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

アウトドアやレジャーシーンに音楽で素敵な空間を演出してくれるワイヤレススピーカー。大自然が奏でる音に耳を傾けてみるのもいいですが、みんなの好きな音楽を流せば気分が高まりますよね。もはや外遊びには欠かせないほど重要な存在です。いざ買おう(買い換えよう)と思っても機能が多様にあって、正直どれを選べばいいのか分からない…なんて人も多いのでは?そこで今回は、6つのカテゴリーに分けたワイヤレススピーカーをご紹介します。それぞれの特徴を吟味し、自分にぴったりのスピーカーを選んで思い出に音楽の華を添えましょう!きっと好みのものが見つかるはずです。

ワイヤレススピーカーとは?

その名の通り、ワイヤレス=無線のスピーカー。主に、近距離無線通信の規格であるBluetoothを利用してスマホやパソコンと接続することができます。バッテリーが内蔵されているものが多いため、コンパクトなモデルなら持ち運ぶことができるのも特徴で、家の中から外出先まで活躍します。離れた場所から手元の端末でプレイリストを操作できるのが非常に便利。また、防水防塵仕様もあり、お風呂やプールサイド、アウトドアシーンでも重宝できます。

24時間再生可能なワイヤレススピーカー4選

せっかくアウトドアシーンにワイヤレススピーカーを持って行ったのに、途中でバッテリーが切れてしまったらガッカリしますよね。特にキャンプに持参するなら、スピーカーの充電は長く持つことに越したことはありません。再生する曲と音量によって稼働時間が変わりますが、 それを気にせず使える大容量バッテリーを備えたモデルをリコメンド!最大24時間以上連続再生可能なスピーカーに絞ってピックアップしました。

Anker/SoundCore 2

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

スマホやタブレットの周辺機器を展開する人気メーカーAnkerの最大24時間連続再生可能なワイヤレススピーカー。500mlのペットボトルより小さく、約414gと軽量。IPX5の防水性能も搭載しているので、シーンを選ばずに携帯できるのも魅力です。高音質ステレオとメーカー独自のBassUpテクノロジーによって鮮明で迫力のある低音を体感でき、長時間音楽を楽しむことができます。AUXポートが備わっているので、Bluetoothに対応していない端末でも再生可能です。

Tribit/XSound GO

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

約374グラムのコンパクトなサイズ感からは想像できない、最大24時間再生可能なスタミナを持ちます。本体は手触りがいいマットな加工が施されていて落ち着いた表情がスタイリッシュ。音質を向上する高性能のデジタル・シグナル・プロセッサーと3段階の音質に変更できるイコライザー機能によって高音質な再生ができるので、音も満足できることでしょう。特に低音が強調されるので、インパクトあるサウンドを長時間楽しみたいならオススメです。

ION Audio/Tailgater GO

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

キューブ型の無骨なルックスが男らしいこちらは、連続約30時間使用可能な高い持久力を誇るので、1泊のキャンプもずっと音楽を鳴らすことができます。その大容量バッテリーによってスピーカーからUSB端子でほかの端末に電源を供給することもでき、スマホの充電切れ対策にモバイルバッテリーとして大活躍!また、AM/FMチューナーも搭載されているので、災害時に持っていると安心できそう。マイク入力端子が備わっていて、カラオケもできちゃいます。

ZENBRE/D5

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

最大連続再生時間が、なんと40時間のパワフルなバッテリー!これならキャンプに向かう道中から使っていても、帰り道まで充電をキープできますね。そして低音強化レゾネーターを採用した厚みのある重低音も魅力のひとつ。さらに、IPX7のウォータープルーフ仕様なので水辺での使用中に水没してしまっても大丈夫。この満足できるスペックなのに手頃な価格となっているため、すでにほかのワイヤレススピーカーを持っていたとしても新たに買って損はないでしょう。

水没しても大丈夫なワイヤレススピーカー4選

アウトドアシーンでワイヤレススピーカーを使うなら、防水性を気にしたいところ。それを判断するには、表記されているIP規格に注目しましょう。それは防水防塵の規格で、“IP”の後に続く1から8の数字で保護等級を示しています。例えば、IP45と表示されているなら、防塵等級が4級、防水等級が5級、と左の数字が防塵で右の数字が防水を意味します。IPX6なら防塵は対応しておらず、防水6級ということ。保護等級は、5級以上で防水と言われていて、7級にもなれば一時的に水没しても内部に浸水しないと定義されています。ということで、こちらでは安心なIPX7の防水スピーカーをご紹介します。

JBL/FLIP4

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

こちらのFLIP4は、パッシブラジエーターを搭載したことで厚みのある低音を実現しています。同時に複数のスピーカーを接続できる“JBLコネクトプラス”機能が実装されているのも特徴で、メーカーによる無料アプリ「JBL Connect」を使用すれば、同じ機能を持ったスピーカーを100台以上ワイヤレス接続することができる【パーティー】モードと、2台を左右のチャンネルに振り分けられる【ステレオ】モードを楽しめます。IPX7に対応しているので、水辺で存分に音楽を流すことができます。

Anker/SoundCore Sport XL

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

IP67をマークした防水防塵モデル。デュアルパッシブサブウーファーが内蔵されていて、鮮明に響く低音を体感することができます。最大で約15時間の連続再生が可能なので、日帰りレジャーには十分な稼働時間。5200mAhのリチウムイオンバッテリーを採用していて、スマホを充電できるモバイルバッテリー機能が備わっているのがAnkerらしい仕様ですね。耐衝撃性にも優れているので、持ち運びに気を配ることなくタフに使うことができます。

OUTDOOR TECH/TURTLE SHELL® 3.0

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

角張ったユニークなフォルムは、360°全方位に音を届けることが可能。IPX7の防水性を備え、さらには浮力のある設計のため、プールや海に浮かべて使用することもできるんです!そして耐衝撃性に優れたスペックは、まさにネーミング通り、亀の甲羅のよう。2つのスピーカーとパッシブラジエーターを搭載しているので文句なしの音質を楽しめます。専用の無料アプリを利用すれば2台同時に接続でき、イコライザー設定で好みの音域調整までできちゃう優れもの。

House of Marley/CHANT SPORT

ワイヤレススピーカー機能別21選!家でも外でも音楽を楽しむ

レゲエの神様、ボブ・マーリーの意思をマーリーファミリーが具現化したオーディオブランド。すべての製品は、FSC認証材やリサイクル素材などを使用しているエコフレンドリーなプロダクトなので、地球と戯れるアウトドア好きにはぴったり。IP67の高い基準をクリアしているこちらのモデルは、天然木材とリサイクルアルミニウムが使われ、自然の中に溶け込むデザインです。5Wの1.5インチフルレンジ・アクティブドライバーとパッシブラジエーターを2つずつ搭載しているので、周囲の音に埋もれないサウンドを発します。

パワフルな音を奏でるワイヤレススピーカー4選

101件中1 - 42件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!