オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集

オシャレな空間を作るリフォームアイディアを、施工の種類ごとにまとめました。キッチンやリビング、子ども部屋のリフォーム、収納を上手に増やすポイントなど、快適な住まいを作るコツを紹介します。リフォーム内容が浮かばずに悩んでいる人は、ぜひ参考にしてくださいね。

公開日 2021.07.30

更新日 2021.07.30

オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集

住まいの快適さを維持するためには、適切な時期にリフォームを行うことが大切です。せっかくなら、古くなった設備を修復するだけでなく、デザインや素材などを見直して、居心地のよいオシャレな空間へと一新できれば理想的です。この記事では、ワンランク上のオシャレな空間を作るリフォームアイディアをまとめました。おおまかな費用目安も併せて紹介するので、これからリフォームを行う人は、ぜひ参考にしてください。

リビングのリフォームアイディア

家族が多くの時間を過ごすリビングは、居心地のよさだけでなく、生活のしやすさも重視してリフォームを行いましょう。リビングリフォームは、生活スタイルや希望のデザインなどによって改修の幅が広いため、「現在はどのような点が生活しづらいのか」、「どのようなデザインに変更したいのか」などを、あらかじめ洗い出し、しっかりとイメージを固めておくと失敗が少ないです。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集
簡単に行えるリフォームには、照明やカーテン、インテリアなどの見直し、収納スペースの増設、壁紙・床材の張り替えなどがあります。特に、照明やカーテンは、部屋の印象をワンランクアップする重要なポイント。これらを見直すだけで、部屋に統一感が生まれたり、落ち着いた雰囲気の部屋になったりと、がらりとイメージが変えられます。
調光・調色機能のあるシーリングライトなら、気分によって明るさや照明のカラーを変更でき、ダウンライトなら空間を広く見せられるなど、種類によっても特徴が異なります。これらをメインに使用し、部分的に間接照明を導入すると、温かみのあるオシャレな空間が作れるでしょう。

カーテンを選ぶ時は、カラーや素材のほかに、長さにも着目しましょう。カーテンボックスを天井に設置し、長めのカーテンを使用すると、高級感のある印象に仕上がります。必要に応じて窓の拡張工事を行えば、リビングの採光をアップして、明るい空間になるでしょう。
ほかにも、間取り変更でリビングを拡張するリフォームや、隣接する和室を洋室にリフォームした上でリビングとつなげるリフォームなど、大掛かりなものもあります。リビングが狭いと感じている人や、使っていない和室を活用したい人などは、これらを検討するのもオススメです。

リビングリフォームの費用相場

リビングリフォームの特徴は、さまざまな種類のリフォームがあり、どのような施工をするかによって費用の幅が広いことです。相場は50万〜200万円ほどで、間取り変更を含むリフォームなど、大掛かりな施工は費用が膨らみやすいでしょう。

リビング全体の内装を一新するリフォーム費用は、50万〜100万円ほどが一般的です。壁紙の張り替えをDIYで行なったり、古くなった箇所だけ部分的にリフォームしたりと、工夫次第でコストカットが可能です。しかし「デザイン性の高いオシャレなリビングを作りたい」といったケースでは、50万円以上かかることも多いでしょう。
また、リビングは毎日使う場所であり、人の行き交い自体も多いので、掃除のしやすさや利便性にもこだわりたいもの。そうしたことを考慮して、防音性や断熱性に優れた床材や、調湿性のある壁紙など、機能性の高い商品を導入する場合も、やはり50万円以上を目安に予算を組みましょう。

また、間取り変更でワンルームの広いリビングを作る場合など、大掛かりなリフォームの費用は200万円前後が多く、併せてデザインや素材などにこだわる場合は、500万円近くかかってしまうこともあるでしょう。費用削減には、リフォーム業者によく要望を伝え「インテリアは既存のものを使用し、現在の内装を生かしたデザインを考えてもらう」など、柔軟なプランを立ててもらうことが重要です。

キッチンのリフォームアイディア

現在の住まいを長く使うために、欠かせないのが水回りのリフォーム。その中でも、リビングと隣接しているキッチンは、人目に触れる機会も多いため、デザイン性に優れた設備が人気を集めています。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集
特に、リビングとキッチンの間に仕切りがないオープンキッチンや、アイランドキッチンに憧れる人も多いでしょう。キッチンリフォームは、水回りの施工の中では比較的高額となりやすいので、デザイン性や機能性を考慮しつつも、費用とのバランスを見ながら、必要な設備を慎重に見極めてください。

キッチンは、設置の仕方や設備のグレードなどによってさまざまな種類がありますが、部屋を広く見せたい人や、開放感のあるキッチンにしたい人に人気なのは、アイランドキッチンです。名前の通り、従来の壁付けキッチンとは異なり、シンクやコンロが独立したものを指します。リビングから壁を隔てずにそのまま設置できるため、料理中でも家族とコミュニケーションが取りやすく、子どもの様子も見守れるでしょう。

一方、従来の壁付けキッチンや、個室のように壁で囲まれているキッチンは、クローズドキッチンと呼ばれます。クローズドキッチンは、ついつい物が多くなりがちなキッチンを壁で隠してくれるため、プライベート空間を重視したい人や来客が多い人などに人気があります。リフォーム費用もアイランドキッチンに比べると安く済むので、なるべくコストを抑えたい人にも適しているでしょう。

キッチンは水や火を扱うため、床や壁紙がほかの場所より劣化しやすいと言われています。耐水性の高い壁紙や、掃除のしやすい床材などを選べば、より快適なキッチンが作れるでしょう。デザインを考える際は、リビングとカラーや素材感などを合わせると、より統一感のある空間に仕上がります。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集

キッチンリフォームの費用相場

キッチンリフォームの費用を左右するポイントは、設備のグレードです。一般的なリフォームであれば、費用相場は50万〜70万円ほどです。ただし、ハイグレードなアイランドキッチンや、最新機能を備えた設備などを導入すると、100万円以上の費用が発生します。
なるべく費用を抑えたい場合は、ローグレードからミドルグレードの設備を選択することや、「現在の設備をそのまま生かし、古くなった箇所の修繕や壁・床の張り替えのみを行う」など、施工内容を工夫してみるとよいでしょう。

また、壁付けキッチンからアイランドキッチンに変更する場合は、シンクの場所を移動しなければなりません。配管の移動工事が追加で発生するため、その分の費用を考慮する必要があります。配管の状態によっては、移動が難しい場合や、相場よりも費用が膨らむ可能性もあるため、業者とよく相談しながらリフォーム内容を決定しましょう。

子ども部屋のリフォームアイディア

子どもが生まれたり、一緒に住む家族が増えたりと、ライフスタイルの変化によって住まいのあり方も変わってくるものです。子どもが大きくなり、自分の個室が必要になった時、どのようなリフォームを行えばよいのでしょうか。

「現在の間取りでは、子ども用に使える部屋がない」という人は、広い部屋を間仕切りで区切り、小部屋を増設するリフォームがオススメです。壁で部屋を区切るのもよいですが、引き戸を設置したり、スキップフロアで視覚的に部屋を仕切ったりと、アレンジしやすい空間にすれば、子どもの成長に合わせて部屋の用途を変更できます。6畳ほどの広さがあれば、学習机やベッド、収納などを問題なく配置可能なので、間取りを考える際の目安とするとよいでしょう。
使っていない部屋を子ども部屋にアレンジする場合は、現在の設備を活かして、収納や学習机などを作るのもオススメです。例えば、和室を子ども部屋に変更する場合は、押し入れが子どもにちょうどよい学習机になることも。
扉を取り外し、デスクライトとチェアを設置し、カラーボックスで本棚を作るなど、DIYで実現できるアレンジもあります。DIYを実践しつつ、そのほかの箇所をリフォーム業者への依頼することで、費用を削減してお得に改修していけるでしょう。

また、子ども部屋のデザインを考える上で大切なのは、「子どもが成長した後も長く使える、シンプルなインテリア」を選ぶことです。
実際、「壁紙や勉強机を、小さな子ども向けのデザインにしたが、子どもが大きくなったら好みに合わなくなった」という失敗も少なくありません。特に何度も壁紙や床材を変更するのは大きな費用・手間がかかるため、どんな状況でも飽きにくいシンプルなものを選んでおくのがオススメです。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集

子ども部屋の費用相場

子ども部屋リフォームは、ほかの部屋に比べて平均費用が安く、高くても50万円ほどで行えるでしょう。壁紙・床の張り替えや、アコーディオンカーテンなどの簡易的な仕切りの設置費用は、2万〜10万円ほど。また、広い部屋に壁を新設して2つに区切るリフォームや、和室を洋室に変更するリフォームの費用は、30〜50万円ほどです。

費用が高くなりやすいのは、子ども部屋のリフォームに併せて、ほかの部屋の間取り変更を行う場合や、増築で部屋数を増やす場合などです。住宅の状況によって費用に幅があるものの、これらの場合は100万円以上となることも多いでしょう。また住宅によっては、建ぺい率の問題で増築ができなかったり、マンションの規約で間取り変更が禁止されていたりと、リフォーム自体が不可能なこともあるので注意が必要です。

収納スペースのリフォームアイディア

リビング・キッチン・寝室・玄関など、毎日使う空間は、どうしても物が多くなりがちです。仕事や趣味、そして生活スタイルが変わることで、新たな道具がどんどん必要になり、収納スペースに困ってしまう人も多いでしょう。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集
「限られたスペースを有効に使いたい」「新たな家具を置くスペースがない」という人にオススメなのは、壁にそのまま棚を増設する壁面収納です。最近は物を隠して収納するのではなく、あえて見せる収納が流行しています。
お気に入りの本や観葉植物、季節の花などを飾れば、収納を兼ねたオシャレなディスプレイに早変わり。「生活感の出やすいものはインナーボックスに入れる」「見せたくないものはクローゼットにしまう」など、既存の収納と組み合わせれば、プライバシーもしっかりと守れるでしょう。壁面収納は、リビングや寝室、玄関などはもちろん、キッチンにも導入できます。その際は、防水素材を使用したり、調理器具を吊るすフックを付けたりすると機能性も向上するでしょう。

収納スペースの費用相場

収納スペースの増設費用は、大きさや場所などによって費用は異なるものの、5万〜30万円ほどが一般的です。住宅のサイズに合ったものをオーダーする場合は、20万円前後を目安とするとよいでしょう。扉の有無によっても値段が変わり、壁面収納の場合は5万円前後の差が出ることも。
場所によってあえて扉を付けないことも、費用削減につながります。例えば、本・食器・植物などをディスプレイしたい趣味の空間では、扉なしの収納スペースがオススメです。ただ、水回りやキッチンなど生活感の出やすい空間用には、やはり扉を付けたほうがよいでしょう。
オシャレな空間にするためのリフォームアイディア集
住宅を長く使うためには、適切な時期にリフォームを行わなければなりません。そのタイミングで内装のデザインを一新すれば、現在の生活に合った居心地のよい空間を作れます。リビングやキッチン、子ども部屋など、場所によって注意点は異なるので、見た目と利便性、費用とのバランスを見ながらリフォーム内容を決めてください。

より具体的な費用相場も含めて、オシャレかつ機能的なリフォームについて知りたい方は、ぜひカシワバラ・コーポレーションへご相談ください。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク