塗って変わる!古材風仕上げを叶える“オールドウッドワックス”!

昨今、DIYで使える塗料もさまざまなものが開発され、群雄割拠な時代と言っても過言ではありません。今回、その中でもユーザーの使いやすさにこだわった“オールドウッドワックス”をご紹介します。

公開日 2018.11.01

更新日 2018.11.14

塗って変わる!古材風仕上げを叶える“オールドウッドワックス”!

自分でDIYしたプロダクトをワンランク上に仕上げたり、使い込んだ家具のリメイクに使ったり、そして時には木材を保護したりと、ビジュアル・機能両面で欠かせないのがワックスや塗料。DIYが好きな皆さんであればいろいろと取り揃えて楽しんでいるかと思いますが、今回は無垢の木材を古材風に仕上げてくれるワックスがあるんです。
塗って変わる!古材風仕上げを叶える“OLD WOOD WAX”!
それがターナー色彩からリリースされた“オールドウッドワックス”。原料にこだわった屋内向け本格派塗料のミルクペイントや、塗るだけで金属のような質感を演出するアイアンペイントといったおなじみの人気シリーズと同様に、本作も実にこだわり抜いた逸品なんです。このページではその魅力を紐解いていきます。

まるでホイップクリーム感覚!初心者でも簡単です

塗って変わる!古材風仕上げを叶える“オールドウッドワックス”!

ワックスと聞くと固く、伸ばしにくいというイメージを持っている方が多いかもしれません。しかし、オールドウッドワックスはペースト仕様のソフトタイプなので、トーストにホイップクリームを塗るような感覚で使うことができるんです。初心者の方でも簡単に扱えて作業効率をグンとアップしてくれるんです。

仕上がり思い通り!豊富なカラバリ全10色

塗って変わる!古材風仕上げを叶える“OLD WOOD WAX”!

オールドウッドワックスのカラーバリエーションの中で特筆したいのが、「アンティークグレー」、「チャコールグレー」、「スモークグレー」、「ベージュグレー」とグレーベースが4色も展開。古材ならではの白みがかった仕上がりを表現することができるんです。そして、「ホワイト」がラインナップする珍しいカラー展開。これにより、仕上げのアレンジがより効くようになりました。もちろん定番的なブラウンベースも、「ジャコビーン」、「チューダーオーク」、「ラスティックパイン」、「ウォルナット」、「チーク」の5色で展開されています。

屋内でも安全な天然素材の低臭仕様

塗って変わる!古材風仕上げを叶える“OLD WOOD WAX”!

「ワックスって人体への影響ってあるんじゃないかな?」と心配になっているそこのアナタ。ご安心ください、オールドウッドワックスは天然素材のミツロウを使っているんです。その名の通り、ミツバチの巣を構成する蝋を精製したものでお菓子作りにも使用されるなど、安全性の高い素材なんです。それにより、ワックス特有のニオイも少なく、室内でも気軽に使うことができます。作業する際に悩みのタネだったニオイ問題を解決してくれるんです。

ここまでオールドウッドワックスの魅力を伝えてきましたが、続いて実際にDIYクリエイターの方にも使ってもらいました。その人物が、DIYer(s)でも数々のコンテンツで協力してもらっている古材とワックス使いの達人でもあるRECLAIMED WORKSの岩西剛さん。木材とワックスを熟知している岩西さんにオールドウッドワックス全色を使い、ウォールオブジェを作ってもらいました。
詳しい作り方は特設サイトにて公開中。気になる人はオールドウッドワックスをゲットして、実際に挑戦してみてください。きっとこの使いやすさに魅了され、DIY塗料の定番になるはずですよ。
塗って変わる!古材風仕上げを叶える“OLD WOOD WAX”!

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!