FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

谷川岳の魅力に惹かれて移住したログハウス 〜突撃!隣のDIY! vol.09〜

9回目を迎えた本連載。今回は、東京を飛び出し、自然豊かな群馬県はみなかみへ取材に行ってまいりました。夏は緑が生い茂り、冬は雪化粧となる山岳エリアには、果たしてどんなDIYerがいるのでしょうか?

このエントリーをはてなブックマークに追加

アーバン×アウトドアで構成される山の中のログハウス

2003年に東京・代官山で立ち上がったファッションブランドMofM。10周年を迎えた2013年に発信拠点を代官山から群馬県・みなかみへと移し、早3年目。今年で41歳になりデザイナーとして円熟期を迎えつつある福山正和氏に、移住のきっかけや山での生活、DIYに関して話を伺った。

みなかみICより30分近く、山岳方面へと車を走らせると見えてくるファッションブランドMofMのアトリエWORK SHOP MINAKAMI。

 

生い茂る緑の中に佇むNORDISKのテント。

 

お手製のウッドデッキ。渓流釣りやスノーボードで濡れたウェアやギアを乾かすのに活用している。

 

福山氏に移住を決めたきっかけを伺ってみると「代官山からみなかみへ活動拠点を移した理由は本当にシンプルで、谷川岳を見つけてしまったからですね。雪山としてこんなにいい山はないと、実際に滑ったとき感じたんです。その時にちょうどブランドの10周年というタイミングも重なったため、心機一転みなかみへ拠点を移しました」。プロのスノーボード選手として、20代は年間8割以上を山で過ごしてきた福山氏らしい、シンプルな回答が返ってきた。

 

また、移住してから気づいたみなかみの魅力として、渓流フィッシングを挙げている。「プロになってしまうほど、フィッシングにハマってしまいました。この辺りは豪雪地帯ですので、綺麗な水が豊富なんです。さらに地形も優れているため、必然的に素晴らしい川が多くなるんですよ。そうなると魚も多くて、釣りが本当に楽しい。これだけ渓流釣りにいい環境があったからこそ、熱中しているんだと思います。本当にいい山や川は何度入っても飽きないんです」。

 

スノーボード関連のギアを収納している倉庫。左端にある棚はDIYしたもので、ワックスがけなどの作業時に活躍する。

 

倉庫の壁面には実際に福山氏がスノーボードの最中に撮影した写真が飾られている。

 

玄関には使い古したスノーボードをオブジェ代わりに壁掛け。写真下部に写っている流木は暖炉の薪として使用している。

 

次ページでは、さらにDIYが詰まったWORK SHOP MINAKAMIの内観をご紹介します。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature