火おこしも可能にする食品保存袋

公開日 2016.07.26

更新日 2017.04.12

火おこしも可能にする食品保存袋

DIY火おこしは【ワセリンとコットンで着火剤をDIY!】や【枯れ枝と鉛筆削りで着火剤をDIY!】などを紹介してきましたが、今回は新たなアイデアを発見!

それが食用保存袋としてお馴染みのジップロックを使った技なんです。

さてその袋でどうやって火を起こすのかというと虫眼鏡の要領で太陽の光を一点に集中させること。

つまり、ジップロックを使ってレンズを作るんです。

 

 

動画を見てもらえればわかると思うんですが、手順もそんなに難しくはないんです。

1点注意事項があるとしたら、ジップロックを縛る際に破れないようにすること。

それ以外は至って簡単なので、キャンプなどの際はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

また緊急災害時にも役立つアイデアなので覚えておいて損はないと思いますよ!

 

via. https://www.youtube.com/watch?v=vMcgs7Tx3Hs

 

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載