家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ

岐阜県に拠点を構えるプラスチックメーカーのリス株式会社。同社の発売するアウトドア収納の定番「TRUNK CARGO(トランクカーゴ)」から、ついにコンパクトサイズが新登場しました!新型コロナウイルスの影響で高まるソロキャンプ需要に、この小ささが効くんです。

公開日 2020.09.02

更新日 2020.09.02

家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ

ちょっと特殊な、キャンプシーズン到来。

いよいよ近づいてきたキャンプシーズン。テントを新調したり、持っていなかったアイテムを買ったりと、準備に勤んでいるキャンパーの方も多いのではないでしょうか。ですが、今年の夏はちょっとだけ特別。新型コロナウイルスの感染拡大の影響で、あまり大人数での外出や会合は好まれず、例年のように大勢でキャンプという訳にもいかないこともありますよね。
このような少人数キャンプの需要が増える流れを受けて、プラスチックメーカーのリス株式会社から、人気商品「TRUNK CARGO(トランクカーゴ)」のコンパクトサイズが新登場!その大きさは22ℓと、定番品である50ℓの半分以下。アウトドアはもちろん、お部屋でも使い勝手の良いサイズ感になりました。今回は、そんな新サイズの魅力や使い勝手について、詳しくレポートしていきたいと思います!

「あっ、丁度いい」。これまでなかったコンパクトさ

家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
本製品最大の魅力は、なんと言ってもこの小ぶりなサイズ感。これまでアウトドア用のハードコンテナというと、50ℓ以上の大きめなものが主流でした。ですが、正直1~2人での少人数キャンプではそこまでの収納量はいらず、「もう少し小さめサイズも、あったら嬉しいな」と思っていたキャンパーの方も多かったのでは。そこで、今回リス株式会社がリリースしたのが、収納量22ℓのコンパクトサイズ。“遊び心を持って行こう。”というコンセプトの通り、持ち運びが非常に手軽なシリーズとなっています。ただ、コンパクトとは言っても、食器類や調味料、ガス缶などの小物をひとまとめにしてくれるだけの収納力は備えており、1~2人のキャンプであればこれ一つで充分な大きさ。スリムなボディは車への積載時にも場所をとらないので、ストレスのない移動を叶えてくれそうです。
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
トランクカーゴはプラスチック製で、全シリーズ通して軽量なことに定評があります。その中でも、今回のコンパクトサイズは約1.3kgという軽量さを実現。2ℓペットボトルよりも軽く、女性1人でもラクラク持ち運ぶことができ、キャンプへのハードルをグンと下げてくれます。また、家から車、車からテントサイトへの移動も1人で行えるため、ソロキャンプにぴったりなサイズ感だと言えそうですね。

小さくなってもタフさ変わらず!驚異の耐荷重100kg

家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
トランクカーゴのうたい文句として知られるのが「座れる収納」。なんとフタの耐荷重が100kgという驚異的な強度を誇っており、それはコンパクトになった本製品にもきちんと受け継がれています。そのため、写真のように椅子として利用しても充分な安定感があり、1台で二役こなしてくれるユースフルなアイテム。これによって椅子をひとつ持っていかなくて済むと考えると、さらにキャンプの荷物を減らすことができます。
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
トランクカーゴのタフさは耐荷重だけではなく、その防水性にも表れています。というのも、フタがすっぽりとコンテナ本体を覆うような形状かつしっかりとロックされるため、雨が降っても水が中に入りません!突然の雨や飲み物をこぼしてしまうなどのシーンが多いキャンプにおいて、「この中に入れておけば大丈夫」という安心感は代えがたいものがあります。このように、多少ラフな扱いも余裕で受け止めてくれるこのタフさこそ、本製品が愛される理由の一つなのです。

インテリア性も◎!自宅でも使える洒脱さが売り

家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
ここまでアウトドアでの使い方についてご紹介しましたが、もちろん室内でもバッチリ活躍してくれます。一般的な大きなハードコンテナを置くほどスペースに余裕がないという方も、このサイズであれば場所もとらず、他の家具と並べてもとてもバランスがよく見えます。また、コンテナ同士を重ねることもでき、洒脱なグリーンとグレーを組み合わせれば、省スペースでお洒落、かつ大容量の収納が生み出せることも魅力ですね。
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
荷物が多いというファミリーキャンパーの方は、トランクカーゴのほかのサイズも揃えて、このようにキャンプグッズコーナーを作ってみるのはいかがでしょう。ごちゃごちゃしがちなキャンプグッズ周りがとてもすっきりして、清潔感のある、取り出しやすい収納が実現できました。
また、コンテナ自体は無地のシンプルなデザインなので、中身を区別するために印をつけたり、利用したキャンプ場や好きなブランドのステッカーを貼っていくなど、自分仕様に育てていく楽しさもありそうです。

DIYer(s)スタッフが実際に使ってみた

家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
実は今回、実物をお借りして試させていただきました!実際に2つ並べてみたのですが、確かにコンパクト。部屋の中でも圧迫感のない、可愛らしいサイズ感です。では、実際に普段ソロキャンプに持っていく小物類を入れてみるとどうなるのか、試してみたいと思います!
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
詰め始めて気づいたことは、「あ、結構入る」ということ。ガスや調理器具、カトラリーにナイフ、夏用のコンパクトな寝袋など、ソロキャンプで最低限必要な物を詰めてみたのですが、1箱にすっぽりと収まりました。もちろん、テーブルや椅子といった大型の物は入りませんが、前述した通り本製品は椅子やテーブルとしても使えるマルチユース仕様なので、あとはテントがあればキャンプができてしまいそうです。
また、前評判通りのタフさもやっぱり魅力。どれだけ中に詰めてもボディがゆがむこともなく、持ち上げた時の安定感も半端ではありません。流石、“キャンプ収納の定番”と言われるだけありますね!
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
実は、トランクカーゴを自分で使うのは初めてな私。触っていてすごくいいなと思ったのは連結と持ち手を兼ねたバックル部分。というのも、物を出し入れしたらフタをガバッと被せて、そのまま連結して持ち上げる、この一連の動作が非常にスムーズで、よくできているなぁと感動してしまいました。これはシリーズを通した仕掛けですが、よい製品はこうした細部までユーザー目線を感じさせてくれます。
家でも外でも使える“コンパクト”!耐荷重100kgの収納トランクカーゴ
最後に、部屋を見渡した際に「もしや」と思ってしまったのでついつい実験。なんと本製品、我が家のローテーブルの椅子としてとてもよい高さでした。普段は収納として、来客時には無骨な椅子として、アウトドアシーン以外での活躍も期待できそうです。

まとめ

今回は、キャンプ収納の定番、トランクカーゴのコンパクトサイズをご紹介しました。これまでの大型プロダクトとは一線を画す、新たな提案といえる製品なのではないでしょうか。近頃、新型コロナウイルスの影響でソロキャンプを始めた方が多いという話をよく耳にします。「とりあえずは...」とキャンプグッズをリュックサックに直入れしていた方などは、是非この新サイズを試して、より快適なキャンプライフを楽しんでみてください。

INFORMATION

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク