狭小ベランダでも植物と暮らす! パレットプランターをDIY

公開日 2016.06.24

更新日 2017.05.16

狭小ベランダでも植物と暮らす! パレットプランターをDIY

ベランダやお庭が狭くても、ちょっとしたスペースでたくさんの植物を育てられるプランターをDIY!

今回、その便利なアイデアをお届けします。

中古パレットを使っていますが、普通の板材を組み合わせても作れます。

 

用意するもの

・パレット

・厚さ5〜6mm、幅7〜10cmの板(長さはパレットの幅に合わせる)5〜6枚

・ハンマー&くぎ

・園芸用の布(防草シートなど、水はけが良く、土が流れ出ない程度の目の細かさのもの)

・タッカー

・園芸用の土(野菜用、観葉植物用など育てたい植物に合うもの)

・好きな植物

 

作り方

パレットの裏側に、表側と同じように板を適当な間隔をあけて打ち付け、平たいボックス型にする。

 

底と背面、側面に沿って布をタッカーで打ち付ける。布が薄く強度が不安なら、二枚重ねに。土が流れ出ないようタッカーは狭い間隔で、ぴっちりと留めていく。

 

角の処理はこのように。これも土が流れ出ないようにするため。

 

プランターは完成です!

 

表側を上にし、土を隙間なく押し込むように入れていく。植物を入れる余白は残しておく。

 

植物を隙間なく植えていく。

 

植え終わったら、根が完全に隠れるように土をかぶせる。その後水をやり、2週間ほどこのままにしてしっかり根付かせる。

 

出来上がり!

 

これなら、壁から30cmのスペースがあれば植物を育てられます。

水をやるときは、各段のスリットから。

上の段の水が下の段へ降りてくるので、下に行くほど水の量を少なめにしましょう。

 

スペースがない、と諦めず、植物との暮らしを始めてみませんか?

 

その他の「ガーデニング」の記事はこちら

via:http://www.designsponge.com/

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

広告掲載