トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用

普段トイレを使っていると、突然トイレレバーが回らない、空回りしてしまうなどのトラブルにみまわれることがあります。トイレレバーはなぜ壊れてしまうのでしょうか。また、自分で直せるものなのでしょうか。 この記事ではトイレレバーの仕組みや交換方法、費用の目安についてお伝えします。

公開日 2020.03.02

更新日 2020.03.02

トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用

トイレで用を足し、いざ流そうとトイレレバーに手をかけたら、トイレレバーが回らなかった…となると、困ってしまうもの。
トイレは1日に何度も使う場所だけに、壊れた時にはすぐ対処したい場所です。しかし、トイレに付いているタンクの中は一見複雑で、どうすれば交換できるのか、業者に頼んだ方がいいのか悩んでしまうことも多いでしょう。
そこで今回は、トイレレバーを自力で交換する方法や、トイレが流れない時の応急処置、業者に頼む場合の費用などをご紹介します。

トイレレバーの交換や修理はいつ必要?

位置が元に戻らない、空回りするなどといったトイレレバーの不調が見られたときは、それ自体が壊れている場合もあれば、繋がっている別の部品が壊れている場合もあります。
そのため、まず不調の原因がどちらであるのか見極めることが大切です。
トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
また、レバー自体が折れてしまった時には、ほかの部品の寿命も近くなっている可能性が高いです。
レバーに不具合が生じた際には、一度に取り替えてしまった方が楽な場合もあります。自分で部品の取り換えなど行うことも可能ですが、少しでも不安に感じるようなら、下手に手を出してほかの不具合を招く前に業者へ相談するのもオススメです。

【戻らない・空回り】トイレレバー不調の原因は部品にあり

トイレレバーが不具合を起こす原因として、いくつかの部品の不調が考えられます。原因を探るためにはまず、トイレの仕組みについて知っておきましょう。

トイレレバー本体は、普段みなさんが水を流す時に触れるハンドル部分と、タンクに刺さるような形で付属している細長い軸部分からなります。
軸にはタンク内の水をせき止める栓の付いた鎖が繋がっており、ハンドルを回すことで鎖が連動して栓を持ち上げ、タンクの中にある水を便器内に流し入れます。
つまり、トイレレバーに不具合を生じた場合、軸か鎖、そして栓のいずれかに異常がある可能性が高いのです。
トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
軸の異常として挙げるなら、曲がっているか、折れているケースがほとんどです。折れてしまった状態で使用していると、ハンドルがぽろりと落ちてしまうこともあるでしょう。
タンクの蓋を開けると、ハンドルのある位置から内部に向かって軸が突き出ているのが見えます。日頃見慣れない場所のため位置や角度、分断などの異常がないか十分にチェックしましょう。
軸が折れてしまった場合、部品が水の中に落ちて散らばっていることもあるため、見逃さないよう注意が必要です。

内部で鎖が切れていた場合、鎖の劣化が考えられます。また、切れていなくても、たまたま軸や栓から外れてしまっている可能性もあるでしょう。
ハンドルをひねっても手応えがない場合は鎖が原因のことが多いです。外れてしまっただけの場合は、繋ぎ直せば元に戻ります。
切れている場合や、接続金具の劣化が確認出来る場合は速やかに交換をしましょう。
最後に、栓が劣化している場合です。「フロートバルブ」と呼ばれるこの栓は、鎖の先に付いている黒いゴム製のボールのようなもので、非常に劣化しやすい部品です。
そのため、定期的な交換が必要になります。フロートバルブは劣化すると、触った時に黒い煤のようなものが手に付くのでわかりやすいでしょう。
劣化によって、根元にある鎖との接続部分が切れている場合は、フロートバルブの交換が必要になります。

トイレレバーが折れる原因は経年劣化

トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
トイレレバーが折れる原因は、ほとんどが経年劣化によるものです。
陶器で出来ている便器と違い、プラスチックで出来ている軸は約10年で寿命を迎えます。完全に折れてしまったのでなくとも、ハンドルを回す時に引っかかるなど不自然な感触がある場合は、近々寿命を迎える可能性が高いでしょう。
劣化が進んだトイレレバーは、いつ完全に壊れるかわかりません。業者を呼びにくい真夜中や、すぐに交換が出来ないような忙しい時期などに突然壊れて困らないよう、不具合を感じた時点でただちに交換するのもひとつの方法です。

トイレの水を流せない時の応急処置

トイレ周辺が壊れた時、真っ先に困るのが排泄物を流せないということです。トイレレバーの故障や破損に気が付くのは、用を足した後に水を流そうとするときです。
すぐに業者を頼るにしても、便器内に排泄物が残ったままとなると、なかなか呼ぶこともためらわれます。
そこで、ハンドルを動かせなくても排泄物を流す方法をご紹介しましょう。実は、手動でトイレの水を流すのはとても簡単です。
トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
1.まずは6~8L程度の水を用意します。お風呂の残り湯でも問題ありません。
2.水を便器内に勢いよく流し込みます。これだけで排泄物は流れていくはずです。
3.水が全て流れたことを確認したら、もう一度、今度は3~4L程度、水を静かに流し入れましょう。これで、便器内の水位も元に戻ります。

最初に水を流す時は、2つのポイントを押さえておきましょう。1つ目は、あらかじめ便器の周りに新聞紙を敷いておくことです。
水を一気に流し込むため、水や排泄物がはねてしまう可能性があります。2つ目は、一度に大量の水を流せるような広めの口を持った容器に水を入れることです。出来ればバケツがいいでしょう。ペットボトルでは口が小さく、勢いが足りないため、用をなしません。
このようにトイレは手動で流すことが出来ますが、ずっと手動で流し続けていると詰まりの原因になることもあります。
トイレを綺麗に流したら、出来るだけ早くトイレレバーを交換しましょう。

トイレレバーを自分で交換する方法

トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
トイレレバーは自分で交換出来ます。しかし、誤った手順で行うと、ほかの部品を破損させてしまうなど、かえって悪い結果を生じさせることにもなりかねません。
INAX製のトイレでは、オーバーフロー管という部品が破損しやすいことで知られています。このようなケースもあるので、自分で交換を行うことに不安を感じる場合は、プロに任せた方が無難でしょう。
どうしても自力で行う場合は、あらかじめ手順や、トイレの仕組みをしっかりと確認した上で行うことが大切です。

準備するものと注意点

トイレレバーを自力で取り替える場合、準備するものとしては最低限モンキーレンチとマイナスドライバーが必要です。また、ゴム手袋やタオルがあれば、周囲や手を汚さず済むでしょう。
トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
トイレの作りはだいたいどのメーカーでも似たようなものですが、一部のメーカーでは特殊な作りをしていることもあります。
タンクの蓋を開けてみて、自分で出来ないと思ったら、無理をしないことも大切です。業者なら、どのようなトイレでも問題なく修理出来ます。

自分で交換する際には、作業の前に止水栓を閉じておきましょう。止水栓はトイレの水を流した後、空になったタンクに新たに水を入れるための仕組みに関係しています。
タンク内には浮き球が付いていますが、これがタンク内の水位に合わせて上下することで、止水栓の弁が連動して開閉するのです。
そのため、作業中にタンクの水を抜くと、浮き球が下がって止水栓が開き、水が流れ込んできてしまいます。作業の邪魔になるため、あらかじめマイナスドライバーや10円玉を使って、止水栓を閉じておきましょう。
トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用

トイレレバーの外し方

準備が出来たら、いよいよ交換作業です。トイレレバーを外す手順は次の通りとなります。

1.止水栓を閉めたら、タンクの蓋を開けましょう。蓋は陶器で出来ており、重く割れやすいため、取り扱いには注意が必要です。
2.蓋を開けたら、トイレレバーの位置を確認します。まずはチェーンを外しましょう。
3.タンクとレバーを固定しているナットを外します。ナットはタンクの内側にあり、モンキーレンチを使えば簡単に外せます。
4.ナットが外れたら、そのままトイレレバーをタンクから引き抜いて取り外し完了です。

トイレレバーの取付方法

取付方法も、特に難しいことはありません。手順としては次の通りです。
1.トイレレバーを引き抜いたところに、新しいトイレレバーを差し込みます。
2.付属のパッキンをはめ、ナットでしっかりと締めましょう。
3.外していたチェーンを再び軸に付けます。これで取付作業は完了です。
4.最後の仕上げとしてタンクの蓋を閉め、止水栓を再び開けましょう。

トイレレバーの交換・修理費用の目安

トイレレバーを交換する場合、自分で行う方が費用は安く済みますが、業者に頼めばほかの箇所もチェックしてもらえるというメリットがあります。
便座そのものが傷んでいる場合など、ほかにも気になることがあるなら、専門業者に依頼するのがオススメです。

自分で交換・修理する場合

トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
自分で作業する場合、費用は最小限で済みます。トイレレバーはそれほど高いものではなく、1,200~3,000円ほどで購入出来ます。ホームセンターや通販など簡単に入手出来るのでオススメです。

購入する時は自宅トイレの取扱説明書を確認し、パーツが対応するかどうかを確認しましょう。それぞれのメーカーによって、適応する商品が異なります。。
また、商品によっては各社共通のものもありますが、商品ごとに軸の長さなど規格が異なるため、誤って購入してしまうと費用が無駄になることも覚えておきましょう。
自信がない場合は業者に依頼するのが確実です。

専門業者に依頼する場合

トイレレバーの交換や修理は自分でできる?レバーの交換方法と目安の費用
自分で行うのが不安な場合は、専門業者に相談しましょう。業者に依頼する場合、作業時間としては30分もあれば問題なく修理が完了します。
費用については業者によってさまざまです。大体5,000円から用意しておくと安心ですが、トイレの構造が複雑な場合、20,000円ほどかかることもあります。
例えばタンクの脱着などの作業が必要になるケースです。タンク自体の費用や、タンクを交換する手間など必要となるので、その分工賃も高くなります。
また、夜中の修理や、離島など遠方への出張だと深夜料金や出張費用などがかかるケースもあるでしょう。さらに、土日祝日は料金が異なる可能性もあります。業者によって対応はまちまちなので、あらかじめ業者に確認しておくことが大切です。

専門家に依頼することで、トイレレバーはすぐに元通りになります。使用頻度の高いトイレは、専門家に任せても損はない場所です。劣化やトラブルに悩まされる前に、早めのメンテナンスを行いましょう。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
マンションと暮らす