フライング タイガー コペンハーゲンのアイテムを再構築するDIY!

前回「トリックランチョンマット」をDIYしてもらい、2月12~13日には初となる個展の開催など飛ぶ鳥を落とす勢いの小鳥遊さんに再び製作を依頼。そして、なんと今回は北欧で人気を博し、2013年に東京の表参道に旗艦店をオープンするなど注目を集め続けているライフスタイル雑貨ストア『フライング タイガー コペンハーゲン』とのコラボレーションが実現。ユーモアと色彩に満ちたアイテムの中から彼女自身がセレクトを行い、オリジナリティ溢れるエプロンをDIYしてくれました。彼女らしい型破りなアイデアは今回も必見です。

フライング タイガー コペンハーゲンのアイテムを再構築するDIY!

まずは早速、材料となるアイテム選びのため、『フライング タイガー コペンハーゲン 表参道ストア』にお邪魔してきました。

 

 

年間総アイテム数は約7500種類にも上るという店内は選ぶ楽しさが絶えない空間になっています。

 

そして小鳥遊さんがピックアップしたアイテムがずらり。

 

 

材料

※左上から時計回り

■トートバッグ

■ケーキナイフ

■エプロン

■マグネット

■ミニ紙袋

■ナプキン 無地

■クッキー抜き型

■型押しツール

■ホイップクリームチューブ

■フラッグピックス

■ケーキキャンドル

■ナプキン 総柄

■ワイヤーモール

■ボタン型マグネット

■ガーランド

■タイマー

■メモ帳

■鍋敷き

■泡立て器

 

このアイテムたちが果たしてどういう形に生まれ変わるのか...!

 

作り方

 

まずは材料を広げて、セレクトした時に考えていた形をさらに細かく決めていきます。

 

 

この時、スケッチをとりながら構想を固めていくのが何とも彼女らしい手法。今回はトートバッグを解体して、リバーシブルかつ折りたたみができる3WAY(胸当て・ウエスト表・ウエスト裏)のエプロンにすることに。

 

 

ある程度構想が固まったら、早速トートバッグにハサミを入れて解体していきます。
 


 

色鮮やかなアイテムたちがバランスよく配置されていきます。

 

 

トートバッグの残布も彼女にとってはユーモア溢れる材料に。文字を切り抜いてこちらも巧みに配置していきます。

 


 

生地もただ縫い付けるだけじゃなく、マグネットプレートを挟むなどのギミックが効いたアイデアも流石の一言。

 

 

折り目をつけるのはアイロンだけじゃなく、定規でも可能。(※生地が薄い場合のみ)

 

 

他のポケットやS字フック用のロープなども手際よくミシンで縫いつけていきます。そして色々な工程を重ねていって完成したエプロンがこちら。

 

 

前回の“トリックランチョンマット”と同じく、ユーモアあふれるアイデアが詰まっていて飾っているだけでも絵になる仕上がり。

そこにはいったいどんなテーマがあったのか彼女に伺ってみました。

 

 

「歩く便利棚って感じ。あれこれ掛けられるウォール棚ってわくわくするから好き!すぐに取り出せて便利な上、掛け方によって変 幻自在なインテリアにもなる。てことは着れるようにすればファッションになるわけで。便利でかわいいなんて、調理の気分も上がります。」

そう語るように見た目だけじゃなく、実用性も兼ね備えたギミックも注目どころ。

 

 

「ポケットに『入れる』だけじゃなくて、『かける、留める、はさむ』といろんなパターンを用意すれ ば、使う人の手によってDIYエプロンがさらにDIYされるので、おもしろいかなって。3WAYにしたのもその為です。」

最後に作る際のアドバイスを伺ってみました。

 

 

「今回、ただの布からではなくトートバッグから作っているので、端のしまつ縫いが済んでる部分を存 分に活かすと楽チンです。あえて切りっぱにする所があっても可愛いんだけどお洗濯には向いてないので注意(笑)最初にハサミを入れる時は、こ のロゴは使いたいなとかここのポケットは絶対欲しいとかよく考えてから。でも間違えて切っても、縫い合わせれば良し!デザインに正解はないの で恐れずに!あ、トートの持ち手をタオル掛けにしたりもいいね。うーんデザインは尽きない。次作るなら日曜大工用やお絵描き用にも挑戦したい です!」

 

 

DIY精神をくすぐられた方は今すぐ『フライング タイガー コペンハーゲン』に出かけて、自分の世界観が詰まったオリジナルエプロン作ってみてはいかがでしょう。休日の楽しい過ごし方としてオススメですよ。

 

 

PROFILE

小鳥遊しほ(たかなし しほ)
イラストレーター/フードコーディネーター/コラムニスト/モデル
雑誌やネットの連載、TVのイラストやLINEスタンプ、企業やアパレルブランドとのコラボなど幅広く活躍。

2月12、13日は自身初となる 個展「これから展」を開催。
書籍「くまっているのはボクなのに。一問一頭」KADOKAWA
資生堂ジャパン Beauty&Co.「ずぼら痩せレシピ」
excite LAURIER イラスト恋愛コラム

 

SHOP DATA

フライング タイガー コペンハーゲン 表参道ストア

住所:東京都渋谷区神宮前4-3-2

電話番号:03-6804-5723

営業時間:11:00~20:00

定休日:不定休

URL:http://www.flyingtiger.jp

1件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!