新品デニムをこなれた感じにするDIY術

公開日 2016.06.21

更新日 2017.05.16

新品デニムをこなれた感じにするDIY術

何年も履き古したデニムはかっこいいけど、何年もかけて自分好みに育て上げるのは大変。そんな人のために、今はあちこちでダメージ加工されたデニムが手に入ります。でもそれらは、たいていそのままだとなんだか"こなれ感"が足りない…。そこで、新品のデニムがこなれて見えるDIY術をいくつかご紹介します!

 

1.穴を開ける

最初から開いている、大きめの穴だけだと「ここだけ加工したぞ!」という感じが否めないので、ランダムに控えめな穴を追加します。開けたい場所をちょっとつまんでハサミで小さな切れ目を入れ、手でラフに引っ張って好みの大きさまで広げます。

 

2.ポケットの味出し

こなれ感が足りないポイントはここです!ダメージ加工なのに、ここがきれいだと違和感。ハサミで輪になっているところを慎重にカットして、スチールウールでこすって毛羽立たせます。

 

3.細かい傷をつける

穴開けと同様にハサミで切れ目を入れてから、粗めのサンドペーパーでこすって繊維を露出させます。引っ掛けたような傷を、簡単に再現できるテクニック。

 

4.穴をもっとラフにする

指で糸を大胆に引き出せば、よりラフなイメージに。

 

5.裾部分をラフに(カットオフの場合)

途中までハサミを入れたら、残りは手で引き裂きます。ところどころ糸を引き出し、サンドペーパーでこすって毛羽立たせます。

 

一手間で、ずいぶん印象が変わりますよ。飽きてしまったり、なんだかしっくりこないなぁ…と思うデニムが手元にある場合、捨てる前に試してみてはいかがでしょうか?

 

via:http://www.refinery29.com/

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク