シンプソン金具を駆使して可動式シェルフをDIY!

公開日 2016.07.12

更新日 2017.05.13

シンプソン金具を駆使して可動式シェルフをDIY!

アメリカで圧倒的シェアを誇る2バイ材用のコネクターメーカー・シンプソン社。その製品=シンプソン金具を駆使し、ほぼ2バイ材のみでjenwoodhouseが作った可動式シェルフをご紹介します。

 

2×2材、2×4材、2×6材とシンプソン金具を使って、フレームを作ります。金具はかなり種類がありますが、ここで多用されているのは木材を直角につなぐリジットタイ・アングルというもの。L字アングルとは違い、2面で固定するので安心感がありますね!

 

先ほどのフレームを上下逆にし(リジットタイ・アングルが下から支える格好)、天板や棚板を載せていきます。

 

金具の多くはフレームの内側に使われているので、天板や棚板を載っけてしまえばほとんど見えなくなり、見た目はスッキリ。

 

フォスナービットで穴を開けて、鉄パイプを通し、キャスターを付ければ完成!

 

2バイ材と金具を使いまくったとは思えない見栄え。

 

すぐにでも真似できそうなプロダクトです!

 

via:http://jenwoodhouse.com/

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク