空き缶を使ったキャンプで役立つDIY術!

公開日 2016.04.21

更新日 2017.04.05

空き缶を使ったキャンプで役立つDIY術!

飲み終わった空き缶で、キャンプや非常時に役立つポータブルストーブを作ってみませんか?

eHowなどで人気のクリエイター・ジョナサンさんのアイデアです。

 

一定の高さにマーカーでラインを引きます。ちょうどいい厚みの本などを利用すると水平に引けます。

via:http://www.ehow.com/

 

底をくり抜きます。

via:http://www.ehow.com/

 

画鋲とハンマーで穴を開けます。マスキングテープを貼ると、画鋲が滑らず作業しやすいです。

via:http://www.ehow.com/

 

金属ハサミを使い、マーキングしたラインでカットします。

via:http://www.ehow.com/

 

別のアルミ缶を、底はいじらず、同じくらいの高さにカットしたものを用意(写真右)。次に、真ん中の余った部分を平らに広げて、先にカットしたものに収まるよう幅を調整。

via:http://www.ehow.com/

 

最初にカットした部分の内側に収まる内径に丸め、カッターなどで留めます。その後3カ所に切り込みを入れ、切り込みを下にして、底を抜いていない方にセット。

via:http://www.ehow.com/

via:http://www.ehow.com/

 

底をくり抜いた方に、適宜切り込みを入れて、先ほどのセットにカポッとはめます。

via:http://www.ehow.com/

via:http://www.ehow.com/

 

燃料を入れて、点火!

via:http://www.ehow.com/

 

火力も十分です。

ストーブより高さのあるレンガの間に設置すれば、鍋で調理も可能。

 

動画はこちら。

via:http://www.ehow.com/

 

※使用する燃料によっては、使用環境により爆発的に燃えたり、燃料自体が燃えたりすることがありますので、専門家の指導の元、選択・使用をお願いいたします。

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!

FACEBOOK

   KCRDリンク
KCRDリンク
マンションと暮らす
   ウィカリーリンク