生地をカスタマイズできる新感覚のDIYツールirodo(イロド) 【ワークショップレポート】

2018.10.06-08に東急ハンズ新宿店にて行われたirodoワークショップの模様をご紹介!

公開日 2018.10.15

更新日 2018.10.15

生地をカスタマイズできる新感覚のDIYツールirodo(イロド) 【ワークショップレポート】

そもそもirodo(イロド)って?

irodoとは、東京ビジネスデザインアワード2017でのマッチングをきっかけに、東京都葛飾区で転写シール製造を行う株式会社扶桑とデザインを担当する株式会社Good That Whatにて作成された様々な生地製品をデコレーションできる特殊転写シールブランドです。
irodo

いざワークショップ会場へ!

東急ハンズさんの売り場の一部をお借りし、こんな感じのブースに。

今回は、オリジナルノートとブックカバーのデコレーション体験。
ファブリックノートとブックカバー
10月ということでハロウィン限定カラーもご用意しました。
ご予約の方だけでなく、通りすがりでご参加くださる方も多くいらっしゃいました。
ワークショップ風景
皆さま、思い思いのデザインでデコレーションを進めていました。
ワークショップ風景
作業風景

好きなパーツだけを切り取ったり...

作業風景2

お気に入りのパーツをこすって転写中...

ハロウィンカラーirodoの使用例

ハロウィーン限定カラーのirodoを使って上手にまとめている方も!

一部をインスタグラムでもご紹介させていただきました。
仕上がりにご満足いただけたのはもちろん、お子様連れの方からは
「うちの子が、初めて最後まで集中していた!」と嬉しいコメントもいただきました。

ワークショップをしている中で、「配置決めを悩んでしまう…」というご意見もいただいたので、今回は配置のご提案をステップ別でしてみたいと思います。

①入門編:1枚ベースを決めて少しオリジナルをプラス

入門編の参考画像

②中級編:パーツを切って並べて配置

中級編の参考画像

③上級編:irodo同士を重ねてオリジナルのパターンを創作

上級編の参考画像
いかがでしたか。参考までにご提案をしましたが、
思いのままに楽しんでいただければ、それが正解なんです!

発売予定の10月29日まで残り1ヶ月を切りました。
irodoでイロドる生活を楽しんでもらえたら嬉しいな〜と思っています。

今後も、ワークショップ等イベントを開催予定です。

この記事を読んでくださったあなた!次回は会場でお会いしましょう!

GoodTheWhat 榊原

WRITTEN BY

GoodTheWhat 榊原

Japan

東京都千駄ヶ谷にある企画・デザイン会社 GoodTheWhatでプランナーをしています。
仕事でもプライベートでも「なんでも、とにかくやってみよー!」をモットーに日々、
モノづくり・コトづくりに励んでいます。

FACEBOOK

広告掲載