FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

スクールバスがリノベーションで生まれ変わる! -後編-

先日ご紹介した、アメリカのスクールバスをリノベーションして子どもたちのための空間を作り上げる「CARABINA CAR PROJECT」。前編ではスクールバスの到着から作業開始までをお届けしましたが、今回は完成するまでの様子をレポート!

このエントリーをはてなブックマークに追加

スクールバス リノベーション

ある暑い夏の日。アメリカからはるばるやってきた、幸せの黄色いスクールバス。

 

スクールバス リノベーション

スクールバス リノベーション

このバスを「誰もが子どもに戻れるような空間」にリノベーションし、完成後はみんなの遊びの拠点として、生活ができるキャンピングカーとして、また暮らしのヒントを発信するイベントスペースとして、いろんな活用をしていこう!というプロジェクトが立ち上がりました(その経緯は前編をチェック!)。

 

仕掛けるのは、さまざまなアプローチでワクワクを子どもたちに届けるチーム 「CARABINA」。プロジェクトの発起人であり、岐阜の中学校教員の平林悠基さん。某アウトドアブランド勤務を経て、現在カナダでクライマーとして活動する香川真輝さん。製作サポートにツリーハウスやタイニーハウスのビルダーとして全国を駆け巡る竹内友一さん。その3人を中心に、建築やアウトドア系に従事する人、外国人に主婦まで、プロジェクトに共感する、いろんな人たちが関わっています。

スクールバス リノベーション

ひらりんこと平林悠基さん。

 

スクールバス リノベーション

かがやんこと香川真輝さん(左)、竹内友一さん(右)。

 

前編ではバスができるまでのプロセスをお届けしましたが、後編ではいよいよ完成した内部の様子、ディテールを詳しくご覧ください。

 

まずはこちらが、運転席側から見た全貌です。

スクールバス リノベーション

奥には棚田のようにくねくねと階段状になった3段ベッドを設けています。寝るだけでなく、椅子やテーブルに使ったりもできるユニークかつ、フレキシブルなデザイン。

 

手前はキッチンカウンター。

大きなドラム缶を台にし、木っ端を張り合わせた有機的なフォルムの天板を乗せています。丸い穴を空けたところはシンクになっており、ドラム缶の中に浄水と排水のタンクが収められ、ポンプアップして使用することが可能。ちょっとしたバーカウンターとして機能します。

 

さらにディテールを見ていきましょう。

スクールバス リノベーション

スクールバス リノベーション

 

今回の内装のテーマは「ドアーフ(森の妖精)の住処」!

山梨県とスペインを拠点に活動するアーティスト、イラストレーターのSakura Fantasma(サクラファンタスマ) さんが参加。窓ガラスや壁など随所にイラスト、ペイントを施します。これでポップなアメリカの古いスクールバスが、一気にファンタジックかつ、深遠な世界へと生まれ変わります。

スクールバス リノベーション

こちらはCARABINAメンバーの1人、革職人として活動するsugerfiveさんが、使われずに眠っていた野球グローブ用の革から作ったレザーポケット。いろんなものを収納するというだけでなく、オレンジの色合いが空間にヴィヴィットなアクセントを加えます。

 

続いて、ベッドの奥。

3段目の真ん中、そして左下奥に小さな穴があるのが見てとれます。

 

近づくとこんな感じ。

子どもはかがんで、大人だとはいつくばってようやく通れるくらい(ドアーフ専用?)の狭い通路になっています。

 

3段目の穴を裏から見ると…。

スクールバス リノベーション

子どもなら通れるくらいの絶妙なサイズです。この窓からバスの車内、そして運転席を見渡せる仕様に。

 

使い込んだレザーの幕が張られ、まるで本当に妖精が潜んでいそうな、「その奥には何があるのだろう?」とワクワクさせる雰囲気を醸し出しています。

 

バスの後ろから見た様子。

スクールバス リノベーション

少人数での密談が似合う小さなスペースが、さらなるワクワク感を増長。

 

そして、いよいよ「CARABINA CAR エンジン全開PARTY!」と題し、たくさんの関係者や、いろんな形で支えてくれた人たちを呼んでのお披露目が行われました。

 

その頃にはインテリアや家具なども揃い始め、どんどん可愛らしい空間になっていきました。

スクールバス リノベーション

スクールバス リノベーション

 

大人も子どもも、男も女も、みんながぐっとくるインテリア、ワクワクするような空間に仕上がりました。だんだんも夜も更け、パーティースタートです!

スクールバス リノベーション

当日は進化して生まれ変わったスクールバス「CARABINA CAR」を真ん中に、取り囲むように観客席が設けられ、界隈のレストランやカフェなどによるおいしいごはん、パン、ドリンクなどをいただきながら、メンバーからの挨拶、ウクレレのライブ、コンセプトムービーの上映会などが行われました。

 

スクールバス リノベーション

子どもたちはバスの中外を縦横無尽に駆け巡り、自由気ままに、あっちこっちに、飽きることなくいつまでも遊び続けていたのが印象的。

 

スクールバス リノベーション

スクールバス リノベーション

いよいよライブもフィナーレへ!バスの上でも踊り、歌って大盛り上がり!

 

ここにいる誰もがバスの完成を心から祝福し、そのユニークで機知に富んだ仕掛けやデザインについて口々に話し、作り手をたたえ合い、なんともいえずほっこりとした、一体感のあるムードに包まれました。

 

でも、プロジェクトの活動はまさにこれから。最後にひらりんこと平林さんのメッセージを。

 

「来年から全国ツアーを開催しようと思っています!この記事を見た方が『私の地域にも来て!一緒にイベントがしたい!』と思っていただけたなら、ぜひご連絡をください。お待ちしています。みんなでワクワクしましょう!」

 

CARABINA'S INFORMATION

平林悠基さんと香川真輝さんによる「CARABINA CAR PROJECT」。今回紹介したスクールバスのシェアスペースのほか、学校だけじゃ学べない様々な経験を全国の子どもたちに体験してもらうべく活動中。

HP:http://www.carabina.org/

Facebook:https://www.facebook.com/CARABINA-1639566046354115/

Instragram:https://www.instagram.com/carabina_friends/

 

関連記事

スクールバスがリノベーションで生まれ変わる!

 

“住む”を見つめ直す/タイニーハウス Vol.1 -手づくりの家でシンプルに暮らす-

 

“住む”を見つめ直す/クリエイティブリペア Vol.1 -古家具を自分色に再構築-

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature