FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

塗るだけでヴィンテージ風に! -下地塗料でDIYが変わる。リアル体験レポ Vol.3

昨今のDIY向け塗料の進化には目を見張るものがありますが、今回は中でも話題の“下地塗料”に注目。発売されたばかりの3種を使って、実際にDIYしてみました。

このエントリーをはてなブックマークに追加

【塩ビがアイアン風に!? -下地塗料でDIYが変わる。リアル体験レポ Vol.1】【平凡な植木鉢を南仏風に!-下地塗料でDIYが変わる。リアル体験レポ Vol.2】に続き、最後に試したのは「P-Effector」シリーズの「パリパリベース」。

 

新品の木材で作ったツールボックスを、まるでヴィンテージのような風合いにイメージチェンジします!

 

材料と道具

_09A8377.jpg

_09A8523.jpg

■下地塗料「P-Effector パリパリベース

■水性塗料「ローズガーデン カラーズ シエル

■油性塗料「WOOD LOVE オイルステイン ウォルナット

■木製ツールボックス

■刷毛

■メラミンスポンジ

 

作り方

STEP.01

ひび割れた時にちらりと見えるベースカラーとして、WOOD LOVEのオイルステインを塗布します。素早く塗るにはメラミンスポンジが便利。

_09A8531.jpg

_09A8541.jpg

 

STEP.02

ステインが乾燥してから、パリパリベースを重ねて塗ります。塗ってから3〜5分ほど時間をおき、少し乾燥させます。

_09A8636.jpg

 

STEP.03

パリパリベースを塗ってから3~5分時間を置き、少し乾燥させます。水と水性塗料を1:3の割合で薄めた塗料を上から塗っていきます。塗るときは、パリパリベースが動かないように力を入れず、刷毛で優しく塗り広げるのがポイント!

_09A8645.jpg

_09A8648.jpg

_09A8666.jpg

何度も刷毛に塗料を付け直しながら塗ると◎。

 

STEP.04

あとは、乾くのを待つだけ。数分でひび割れてきます。

_09A8671.jpg

_09A8685.jpg

上塗りの塗料の刷毛の方向にひび割れます。こちらは木目に沿って横に塗ったもの。

 

_09A8703.jpg

塗ったそばから割れてくるのが面白い!パリパリベースが乾いてしまうとうまくひび割れないので広い面積を塗る場合はエリアごとにパリパリベース→上塗り、を繰り返すと均等に仕上がります。

 

丸一日以上乾燥させた状態がこちら。

_09A9030.jpg

 

バッチリ、経年変化で塗膜がひび割れたようになりました!

大きめで派手なひび割れにしたければ、塗料の濃度を高めに。繊細で細かなひび割れにしたければ、水を多めに。お好みで調節してみてください。ドライヤーなどで急激に乾かすとひび割れすぎて剥がれてしまう場合があるのでご注意を。

 

Item

P-Effector パリパリベース 500ml ¥480

商品No.4976124883200

14371939_1087656044643398_1174737366_n.jpg

 

 

WOOD LOVE オイルステイン 250ml ¥980
商品No.4976124517105

14371939_1087656044643398_1174737366_n.jpg

 

 

ローズガーデンカラーズ(エナメルタイプ)シエル 0.2L ¥880、0.8L ¥2,180
商品No.4976124542107

14371939_1087656044643398_1174737366_n.jpg

 

 

ローズガーデン エナメル刷毛 1インチ ¥580

商品No.4976124805004

 

 

ローズガーデン エナメル刷毛 2インチ ¥880

商品No.4976124805103

 

 

問い合わせ先

ニッペホームプロダクツ

HP:http://www.nippehome.co.jp/

ONLINE STORE:http://www.nippehome-online.jp/

 

関連記事


塩ビがアイアン風に!? -下地塗料でDIYが変わる。リアル体験レポ Vol.1

 

普通の植木鉢を劇的イメチェン!下地塗料でDIYが変わる-。リアル体験レポート Vol.2

 

IKEAの家具を「VINTAGE WAX」で劇的イメチェン!

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature