知っておきたいアウトドアで使える5つのロープワーク!

知っておきたいアウトドアで使える5つのロープワーク!

アウトドアで活躍すること確実なロープワークを5つご紹介。これらのノットは様々なシーンで活躍するため、これからキャンプを始めたい方にオススメな覚えておきたいロープワークです。正しいノットを覚えていれば、バックカントリーなどの過酷な環境において命を助けてくれる可能性もあります。

 

自在結び(トートラインヒッチ)

自在結びは、レインフライやタープなどのガイラインに最適なノットです。このノットは簡単にロープの張り具合を調整することができます。服を干すのに使ってもいいですね。

 

本結び(スクエアノット)

スクエアノットは、バックパキングをするにあたって始めに覚えるノットです。スクエアノットは、2つのロープを繋ぐ際に使用します。小さなパッキングをする際にも活躍します。

 

 

一重繋ぎ(シートベンドノット)

一重繋ぎは、太さの異なる2つのロープを繋ぐ際に活躍します。こちらはスクエアノットよりも強く結べますが、負荷が加わったテンションのある状態でないと緩んでしまう可能性があります。

 

 

もやい結び(ボウラインノット)

モヤイ結びは、キングオブノットと呼ばれるほど、ノットの中でも汎用性の高い結び方です。どのような太さのロープでも簡単に結ぶことができ、作ったループが解けることがありません。ただ、解こうと思えば、すぐに解けるなど利便性の高さが人気の理由です。ループのサイズが変わることがないので、木に結ぶのはもちろん、ロープの端にループを作ることもできます。人を吊るしても崩れない屈強なループが魅力です。

 

クローブヒッチノット

クローブヒッチは、テントステークを確保するのにシンプルで役に立つノットです。ウエスタン時代のカウボーイが、彼らの馬を固定しておくのにクローブヒッチを使っています。

 

via:https://www.cloudlineapparel.com/

1件を表示

DIYer(s)

WRITTEN BY

DIYer(s)

Japan

DIYer(s)編集部です。DIYのアイデアやハウツー、おすすめツールやショップ情報まで幅広くお届けします!