ディアウォール×有孔ボード×自作デスクで簡単・お洒落な作業スペースに!

公開日 2018.07.14

更新日 2018.07.14

ディアウォール×有孔ボード×自作デスクで簡単・お洒落な作業スペースに!

部屋が4.5帖と狭めなので、今流行のディアウォールに有孔ボードを壁一面に貼って自由自在にレイアウトできるようにしました。 更に、天板とIKEAの架台を合わせてデスクも作成し、仕事と趣味に使えるお気に入りの作業スペースになりました。 使っている素材は全てホームセンターやネットで簡単に買える物で、家具を購入するよりもかなり安価に抑えられたと思います。

材料と道具

  • ツーバイ木材×2(H:2270mm)
  • ディアウォール×2
  • 有孔ボード×2(W:1600mm,H:900mm)
  • 天板×1(W:16000mm,H:450mm)
  • IKEA LERBERG 架台×2
  • ビス
  • 有孔ボード用フック
  • ワンバイ木材×2(H:800mm)

作り方

STEP.01

ツーバイ木材にディアウォールを装着し、有孔ボードの横幅に合わせて壁に突っ張ります。
今回壁一面に有孔ボードを貼り付けたかった為、面がフラットな「ディアウォールS」を使用しました。

STEP.02

ディアウォールを立てたらそこに部屋のサイズに合わせてカットした有孔ボードをビスで取り付けます。
賃貸だと基本的にビスが使えないことが多いですが、ディアウォールで作った柱にビスが打てるようになり、更に壁との隙間を作ってくれるので後からフックを掛ける時にぴったりです。
後からデスクを設置する為、壁の下470mmくらいは空けました。

STEP.03

ディアウォールで作った柱と有孔ボードを横から見た図はこんな感じ。

STEP.04

デスクを設置します。
部屋のサイズに合わせてカットした木材天板を用意し、IKEAのLERBERGシリーズの架台と組み合わせます。

STEP.05

架台の上に天板を乗せるだけだと不安定なので金属のパーツで取り付けました。

STEP.06

有孔ボードに専用のフックを取り付ければレイアウトは自由自在。
こちらはワンバイ木材とコの字型フックを使用して簡易的な飾り棚に。
ネットでも取り扱いがありますが、送料が高いので近くに東急ハンズがある場合は店舗で購入するのがおすすめです。

STEP.07

その他、よく使うアクセサリー類を引っ掛けたり、観葉植物を引っ掛けたり。天井側がまだ空いているので絵や帽子などを飾ってみようかなと思っています。

STEP.08

デスクライトは工場現場や作業場用に使われるクリップライトを。
ホームセンター等で800円で売っており、デザインも今時のインダストリアルな感じがあるので気に入っています。
フックで好きな場所に取り付けられます。

完成写真

FINISH.01

FINISH.02

FINISH.03

作り方のコツ

寸法を間違わなければ、誰でも簡単に作れると思います。
ただ、今回のような壁一面に取り付ける場合は1人だと少し大変かもしれないので、2人だとスムーズに作業できると思います。
取り付け所用時間は1時間程度。

FACEBOOK

広告掲載