新学期用にクレヨンをリペア

194factory
194factory

新学期用にクレヨンをリペア

娘が3年間使ったクレヨン。随分汚れてしまって、新しいのに買いかえて!と言われたところ、まだ使ってもらいたいのでリペアしました。 まず汚れを落とし、既製のラベルを剥がし、お気に入りのスタンプでオリジナルラベルを作成し巻き直しました。箱の汚れは思うようにとれないので、クラフト紙でカバーをつくりなおしました。 クレヨンの巻紙、外カバーのクラフト紙、汚れ防止の筋入りクラフト紙全て¥100均一のものなので、低コストです! 娘は大喜び!新学期スタート。頑張って!!

材料と道具

  • クラフト紙 または 好きな用紙
  • スタンプ
  • マスキングテープ
  • ハサミ、カッター、のり

作り方

STEP.01

まず、クレヨンの巻紙を剥がします。ひどく汚れたケースは、ベビーオイルを含ませたクッキングペーパーで拭くと綺麗に落ちました。その後洗剤でケースを洗うとオイルもキレイに落ちます。

STEP.02

クレヨンの長さに合わせてクラフト紙をカットします。

STEP.03

スタンプでオリジナルラベルを作ります。巻き終わりに持ち主の名前も入れると、なおかわいく仕上がります。

STEP.04

巻き終わりにのりをつけ、たるまないようにしっかり巻きつけます。

STEP.05

のりが乾いたら、もう一度巻紙が剥がれていないか確認して、剥がれていたらのりで再度補強します。

STEP.06

箱ケースの汚れ隠し、補強のために箱のふちにマスキングテープを貼ります。

STEP.07

箱ケースの内側もひどく汚れているので、クラフト紙で隠します。

STEP.08

フタの内側は既製品のように、カラーチャートにしてみました。

STEP.09

中身と合わせて完成です

完成写真

FINISH.01

FINISH.02

FINISH.03

作り方のコツ

クレヨンの巻紙はなるべく短い方がケースの収まりがよいです。今回柄付きのクラフト折り紙を使用したので、巻き終わりの柄を合わせるために多めに巻きましたが、なんとか収まってます。
以前、マスキングテープを巻いてリペアしたこともありますが、斜めに巻いていくため柄が合わず納得いく仕上がりにならなかったのでリベンジしました。今は色んな幅のかわいいマスキングテープがたくさん出ているので、使いやすい柄を選べば手軽にリペアできると思います。
今回は色名や名前を入れたかったので、あえて透け感のないクラフト紙を使用しましたが、仕上りは満足いくものになりました。

194factory

MADE BY

194factory

Japan