FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE
このエントリーをはてなブックマークに追加

輪っか(スプライス)をパラコードで作る方法!

アイスプライス(EYE SPLICE)と呼ばれる、ロープの端に作られた輪っか。カラビナに引っ掛けたり、金具を取り付けたりと、汎用性が高く、アウトドアやワークといったシチュエーションで多用されています。

本来は三つ打ちロープをほぐして、改めて編み直しが必要になるなど、手作りするには工程の多いアイスプライス。パラコードを使って、簡易的なアイスプライスが作ることが可能です。

DIYer(s)のオリジナルコンテンツでもパラコードの便利な使い方を紹介中。

パラコード

パラコード

ということでつくり方をご紹介。

STEP.01 パラコードの芯を抜く

パラコード

via:http://www.instructables.com/

 

STEP.02 ハリガネをパラコードに通す

パラコード

via:http://www.instructables.com/

先端は丸くしておきましょう。この部分がパラコードに引っかかることで、接着した部分が外れにくくなります。

パラコード

via:http://www.instructables.com/

約1cmほど入れます。

via:http://www.instructables.com/

ロープの端を加熱して、ハリガネと固定します。ここでしっかりと固定できるか否かが強度を左右する重要ポイントです。

 

STEP.03 八の字のループを作る

via:http://www.instructables.com/

ハリガネの先端を再びパラコードへ指します。この時、作りたいスプライスのサイズを作りましょう。

パラコード

via:http://www.instructables.com/

そのまま反対側へ通します。

パラコード

via:http://www.instructables.com/

パラコード

via:http://www.instructables.com/

水を垂らすとハリガネを通しやすくなります。

 

STEP.04 両端を固定して完成です

パラコード

via:http://www.instructables.com/

端を固定します。

パラコード

via:http://www.instructables.com/

溶かしたパラコードでスプライスを固定します。ここでしっかりと接着することで強度が変化します。何度もトライして、強度のある接着を実現しましょう。

パラコード

via:http://www.instructables.com/

 

汎用性の高いスプライスはいろいろなサイズを作って、常備しておきたいところです。

 

肝心な輪っかの強度は結んだものに比べると、接着して輪を作っているため弱くなっております。また、パラコードの種類や接着具合によって、強度にバラつきが発生します。制作する際は、十分にテストをした上でご使用ください。人体や重量のあるもの吊るすのは危険ですので避けてください。

 

via:http://www.instructables.com/

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO TIPS