FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

ソケットを巧みに使い、ドライフラワーランプを仕上げる

アレキサンダー・リー・チャンさんのDIYプロダクト密着取材、第3弾【DRIED FLOWER LAMP】。今回は完成までを追いかけます。どのように組み上げていくのか、同氏らしい技をじっくりとご覧ください。

このエントリーをはてなブックマークに追加

 

STEP.06

ソケットにラグ端子を装着。その後、ソケットの上部パーツを取り付けます。

 

 

STEP.07

ニップルにランプシェードを固定させるためにワッシャーをナットで留めます。そのあと、ニップルの先端にフックを装着します。

 

 

STEP.08

丸座金のビスを付けていない穴にワイヤーを通して、今度はドライフラワー入り電球用のソケットをつなげます。

 

落ちないようにワイヤーはソケットのビスにしっかり巻きつけましょう。

 

STEP.09

ニップルの先端に付けたフックにアルミチェーンをつけ、ケーブルを通します。チェーンの繋ぎ目をプライヤーでずらして、取り付けるのが簡単。

 

 

STEP. 10

フックを引掛けシーリングボディーに短いニップルとナットを使って取り付け、ケーブルをソケットと同じ要領で装着。チェーンはカラビナを使ってフックに。この時点でダミーじゃないソケットにLEDランプを付けて点灯するか試しましょう。もし光らない場合はケーブルの接続を再度確認。

 

 

STEP.11

点灯が確認できたらワッシャーに穴を開け、ビスを使ってランプシェードに固定します。

 

 

STEP.12

あとは各ソケットに電球を装着。すべて付け終わったら完成です。チェーンの長さはカラビナを引っ掛けることで変更できるので、天井の高さによって選ぶことが可能。

 

 

早速、点灯させてその完成度をチェック。

 

 

LEDのオレンジっぽい光がドライフラワーと相まって、独創的な世界観を作り上げます。LEDだから発熱の心配もなし。見た目だけでなく、実用性にもこだわったモノ作りは流石、リー・チャンさん。今作も脱帽です。材料費は2万円ほどですが、これだけのデザイン性を備えたランプシェードが作れるなら、そこまで高い金額ではないはず。植物の種類や電球の形、シェードなどを好みでアレンジして、自分だけの【DRIED FLOWER LAMP】を作ってみてください。

 

緊急告知

また11/6(日)にリー・チャンさんを講師に招き、ワークショップイベントを開催します!リー・チャンさん指導のもと、DIYerに人気の杉足場板専門店”WOOD PRO”の足場材を使用したかっこいいフォトフレームを作れるので、気になった方は今すぐコチラをチェック!!

 

PROFILE

アレキサンダー・リー・チャン

 

‘75年サンフランシスコ生まれ。

プロスケーターとして活躍し、アパレルブランドのディレクターを経て、’03年にChang co.,ltdを設立、’04年SSより自身のブランドAlexaderLeeChangを立ち上げる。

ストリートを軸にしながらも独特のセンスから生み出される洋服は、様々なアイデアが凝らされたものも多いが自由で自然体な服には根強いファンが多い。

URL:www.alexanderleechang.com

 

撮影協力

レインボー倉庫3

住所:東京都世田谷区北沢2-19-5

電話番号:03-5787-6882

営業時間: 10:00〜22:00(平日)、10:00〜20:00(土日)*貸切の場合は変動あり

定休日:不定休

URL:https://rainbowsoko.com

 

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature