FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

クリエイティブリペア Vol.3 –椅子をリペア!【後編】

壊れたけれどもっと使いたい家具、もらったけれどちょっと気に入らない家具、それらを自分の手でどうにかしたい。しかもただリペアするだけではなく、自分色にガンガン染めながらリファインさせたい!そんな思いを叶えるべく、家具職人の荒井健次さんに“クリエイティブリペア”を学ぶ実践編。

このエントリーをはてなブックマークに追加

あらかじめ穴を開けておいた球体を脚にはめます。脚は場所によって微妙に直径が違うので、穴の内側を削って?調整しながら、ハンマーで打ち付けて中に入れます。

がたつきを調べ、さらにハンマーで叩きながら調整します。カタカタと揺らして、浮いてない方の対角の2カ所を叩くとうまくいくそう。そして付け終わったら、待ってました!の座面の取り付け。はやる心であらかじめ張り替えの済んだ座面をドライバーで取り付けます。

完成です!事務椅子が、脚の先に球体を付けたことで、なんとも愛嬌のある椅子に生まれ変わりました!!

そしてこちらは番外編。座面の後ろ側、破損してしまった木の部分を目立たなくさせる作業です。これを専門用語で“タッチアップ”といいます。

まずは、割れて凹んでいるところをパテで平らにします。木材に合わせた色のパテをホームセンターなどで購入し、それを指で練って破損部分に埋め込みます。ちょっと多めに盛るのがコツ。

10分ほどおいて固まったら平らになるよう削ります。普通はノミを使いますが、今回はカッターで代用。木部と並行に、パテの部分だけが削れるように、慎重に刃を滑らせます。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature