FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

DIYer(s)が作るショップディスプレイ~巨大フェンスをエイジング!~

DIYer(s)に舞い込んだ、アパレルショップのディスプレイプロデュースの依頼。クライアントからの要望は、「既製品では表現できないエイジングが施されたディスプレイ」。そこで、リメイク塗装作家の中守生和さんディレクションのもと、巨大フェンスをエイジングしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツヤツヤフェンスを錆び感のあるマットな表情へ!

まずは中守さん、DIYer(s)スタッフ総出で、つや消しスプレーをフェンスへ塗布。フェンスの総面積はなんと、のべ48㎡!スプレー缶がみるみる空いていきます。

 

塗り漏れがないように重なった部分をずらしながら、丁寧に塗り上げます。

 

スプレーが乾いたら、スポンジを使ってミルクペイントのダストメディウム(汚し加工用)を部分的に塗っていきます。これが絶妙な錆び具合を表現。

 

ダストメディウムが乾いたら、ボンドと砂を使ってエイジング感を加速させます。

 

仕上がりの様子がこちら。あんなにツヤのあったフェンスが、マットな表情に変化し、部分的に白い汚れや凹凸のある錆び感が生まれています。

設置するショップの白い壁との相性がグッと高まりました。

 

ギラギラした足場材が男前なラックへ変身!

フェンス同様にまずはマットに塗装したのち、ダストメディウムを塗って部分的にエイジングの度合いを変化させます。

 

設置した際に、より目に付きやすい側面にもミルクペイントを。中守さんのこだわりが光ります。

 

上記の工程を経て完成した足場がこちら。ギラギラした質感から、クールなディスプレイラックへと変貌を遂げました。

 

続いて、その細かさに感動すら覚える、パーツへのエイジング塗装をご紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature