FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

DIYer(s)が作るショップディスプレイ~巨大フェンスをエイジング!~

DIYer(s)に舞い込んだ、アパレルショップのディスプレイプロデュースの依頼。クライアントからの要望は、「既製品では表現できないエイジングが施されたディスプレイ」。そこで、リメイク塗装作家の中守生和さんディレクションのもと、巨大フェンスをエイジングしました!

このエントリーをはてなブックマークに追加

東京・原宿に店を構えるアパレルショップの店内一面に、期間限定で配置された巨大なフェンスを配したディスプレイ。一見するとどこにでもありそうなフェンスですが、実は既製品では表現することのできない表情を、リメイク塗装作家である中守生和さんディレクションのもと作り上げています。マットな質感の絶妙なエイジングをどのように実現したのか、早速レポート!

 

“ニューヨークの公園にあるくたびれたフェンス”に塗り上げる!

今回依頼してくれたファッションブランドのデザイナーさんからのオーダーは“ピカピカのフェンスではなく、NYの公園にあるくたびれたフェンスの感じを表現したい”というもの。そのため、新たに購入した資材にエイジング塗装を施すことに。

 

バッグやキャップなどを陳列するための鉄鋼の板材。塗装前の状態では表面が研磨されギラギラとした質感のため、アパレルショップのディスプレイには似つかわしくない雰囲気。

 

支柱を固定するためのジョイントは写真のようにインダストリアル過ぎるので、塗装を施してシックな表情へと変化させます。

 

ディスプレイの要・フェンスは、亜鉛引きが施されておりツヤツヤ。エイジング塗装を施すことで、味のある表情へと生まれ変わらせます。

 

 

次のページでは実際にエイジング塗装の模様をご紹介。

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature