FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

DIYの大先輩に密着! -GELCHOPのウラガワ-

多方面で活躍する3D造形ユニット“GELCHOP”。そのモノづくりの裏側を見てみたい!その思いを伝えたら、予想だにしない展開が!

このエントリーをはてなブックマークに追加

GELCHOPさん、今作りたいものは何ですか?

数々の人気ショップのインテリアデザインやパブリックスペースのオブジェ製作など多岐に渡って活躍する3D造形ユニット“GELCHOP(ゲルチョップ)”。新オフィスの家具をオーダーするほど、DIYer(s)が最も注目し、敬愛するクリエイターだ。

 

彼らのプロダクトや空間は、他の何とも似ていない。洗練、エッジィ、ポップ、モダン、温かみ、ユーモア、毒…一言では到底説明のつかない、その無二のクリエイティブは、どうやって生まれてくるのか。

 

その過程を垣間見たくて、DIYer(s)編集部は唐突に彼らを尋ねて思いをぶつけた。

 

「何か一緒にDIYしませんか?」。

 

斬新で遊び心に満ちたプロダクトが人気のアパレルブランド「sacai」の什器も彼らの手によるもの。

 

無印良品 有楽町 ATELIER MUJI 『観察と工作』展 モジとモノが交錯したら?」の展示作品の一部。見慣れたはずの無印良品の商品がユーモアと毒をまとって「日常って何?」と問いかけてくる。

 

DIYer(s)編集部のストレージ。一般的なオフィス家具をGELCHOP節全開でアレンジしたもの。気分がアガります。

 

え、電気?

“今、仕事関係なくDIYしてみたいもの”を尋ねたところ、帰ってきた答えがなんとも彼ららしかった。


 

「自分で作った電気でカップラーメンを作って食べたい」

「自転車にダイナモ(※)をたくさん付けたらいけるんじゃない?」

「いいね、いいね!移動しながら湯が沸かせたら、出かけた先でカップラーメン食えるね!」


 

期待をはるかに上回る、いきなりのこの展開に戸惑いとワクワクがこみ上げる。いやでも、一体何が起きるんだ、この企画!?

 

※自転車のタイヤとの摩擦で回転し発電燈火する装置。

直筆のイメージ図。先輩、本気ですか!?

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature