FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

蚊取り線香を作りたくて・・・夏。

アレキサンダー・リー・チャン氏のクリエーションに迫る密着取材企画として好評を博した“RECYCLED SKATEBOARD STOOL”。DIYにおいて大切な“楽しむ”精神が詰まった製作ストーリーに共感した方も多かったのではないでしょうか。そしてこの度、新章をドロップ。今回は読み切り型で、即実践できるDIYプロダクトを紹介してくれます。ただ、彼ならではのユーモアあふれるアイデアは健在。今作も要必見ですよ!!


このエントリーをはてなブックマークに追加

まず前章でお送りした“RECYCLED SKATEBOARD STOOL”が見事に完成。リー・チャンさんのバックボーンとも言えるスケートボードカルチャーを落とし込んだ素敵なDIYプロダクトとなりました。そして、次は何を作ろう?という時に話題となったのが夏の風物詩でもある“蚊取り線香”。市販のモノはケミカルな要素が多いから、もっとナチュラルなモノで、何なら好きな香りで作れないだろうか、という話に。早速リー・チャンさんがリサーチを開始、試作を重ねてもらったところ、意外と簡単に作れそうだ、との報告が。

ということで、蚊取りお香の作り方をレクチャーしてもらいました。そして、その効き目のリサーチも兼ねて、蚊がたくさんいる水辺で撮影を敢行。

それではまず必要なモノから。

 

材料と道具

 

■除虫菊パウダー(蚊取り線香の素)

■香楽ブレンド椨(椨粉としな粉などブレンドした練香のノリ材)

■ドライローズマリー(ホール)

■アロマオイル(種類は好みで)

■乳棒と乳鉢

■型取り容器(クリアファイルを半円にカットして丸めたモノ)

■竹串

■水

 

作り方

STEP. 01

乳鉢にドライローズマリーを入れて、乳棒で粉末状にすりおろします。

 

 

STEP. 02

菊パウダーと香楽ブレンド椨をだいたい1対1の分量で加え、混ぜます。

 

 

STEP. 03

アロマオイルを適量加え、さらに混ぜます。ちなみにリー・チャンさんはメイチャン、ローズゼラニウム、タンジェリン、ラベンダー、オレンジスイート、ベルガモットの6種類をそれぞれ約20滴ほど使用。

 

 

STEP. 04

水を少しずつ加えていき、全体をしっかりと混ぜます。滑らかな粘土状になるまでよくこねてください。耳たぶほどの柔らかさが目安です。

 

 

STEP. 05

こね終わったら、最終工程の成型です。コーンタイプとスティックタイプの2種類作りました。コーンタイプは用意していた円錐の容器に詰め、スティックタイプは棒状に延ばして竹串を包みます。

 

 

そしてここから4日ほど陰干しするとある程度固まるので、容器に入れた方は円錐型から外し、そこからさらに3日ほど陰干しするとオリジナルフレグランス蚊取り線香の完成です。ちなみに型取りの容器はある程度厚みのある紙で作った場合、紙が水分を吸ってくれるので多少乾きが早くなるようです。

 

 

以上、お送りしたのがDIY蚊取り線香のご紹介でした。それではまた次回お会いしましょう、という締め括りになると思った人も多いかと思いますが、 これで終わらないのがリー・チャンさんのクリエーション。せっかくなら、線香を立てるスタンドも作ろうということに。 >次ページへ続く

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature