FEATURE TIPS PLACE DIYer(s) Ch CONTEST POST DOWNLOAD MY PAGE
MY PAGE

簡単に作れる! コンパクトスツール、レザーネームタグをDIY

我らが初となるワークショップを行ったアウトドアwebマガジン『.HYAKKEI』主催のイベント“ヨネヨガ!DIYキャンプ”。そこで行ったトリポッドチェアとレザータグの作り方を今回じっくりと紹介していきます。ただ作って終わりではなく自分だけのアレンジが施せ、工程もいたって簡単なので休日にトライしてみてはいかがでしょうか。

このエントリーをはてなブックマークに追加

このワークショップで協力してもらったのが、【フードアート】などの他コンテンツでも出演してくれたDIYerの北澤宏美さん。彼女の作業姿も交えて両プロダクトの工程を1つ1つ説明していきます。それでは早速、トリポッドチェアから。

 

材料と道具

 

 

■丸棒(42cm×24パイ)

■ロープ(110cm)

■なべ小ネジ(M6×70)

■ロープ先端金具(6パイ用)

■丸カンボルト(6×50)

■ワトコオイル

■塗料

■インパクト

■スパナ

■メジャー

■マスキングテープ

 

※インパクトのビットセットもあると穴を開けるサイズを調整できるので便利です

 

作り方

STEP. 01

丸棒にロープを通す穴(端から2cm)、丸カンボルトを通す穴(端から21cm)をマーキングします。その後、インパクトを使って穴を開けます。この際、丸棒を固定できる場所でないとずれてしまうので、注意してください。

 

 

STEP. 02

穴を開けたら、組み立てて行く前にペイントしていきます。直接塗っても問題ないですが、マスキングテープを使って塗ると直線などにもできるので便利ですよ。

 

 

STEP. 03

塗料が乾燥したのを確認したら組み立てていきます。丸カンボルトを1本通し、その丸カン部分が間になるように、なべ小ネジを通します。通し終わったら、スパナを使ってしっかりと留めていきます。

 

 

STEP. 04

続いてロープを通していきます。一周させたら緩まないようにしっかりと結んで固定させてください。

 

 

STEP. 05

ロープに先端金具を装着したら完成です。

 

 

作業時間は30分程度。簡易的な作りながらもしっかりとした座り心地です。軽量かつコンパクトにできるのでレジャーシーンでの活躍は間違いなしです。

 

 

続いてレザータグの紹介。

 

材料と道具

 

 

■レザー

■ポンチ

■カッター

■木槌

■アルファベット刻印

■定規

■型紙

■カッティングマット

 

※今回は型紙を用意しましたがフリーハンドやオリジナルのデザインで問題ないです。サイズも用途に合わせて変えましょう。

 

作り方

STEP. 01

まずは型紙に合わせてレザーをカットしていきます。

 

 

STEP. 02

レザーを通す部分にポンチで穴を開け、切り込みを入れます。これで本体は完成。

 

 

STEP. 03

最後にアルファベット刻印を使ってデザインを加えていきます。自分なりの文字を打っていきましょう。

 

 

こちらも作業工程は15分程度。刻印する際にレザーを少し湿らしてから打つとさらにキレイに仕上がります。またコバの処理をすると見た目もグッとキレイになるので、クオリティを求める方は挑戦してみてください。

 

 

以上2つのプロダクトを作成したDIYワークショップ。

実際に当日も個性あふれるデザインが見ることができて、開催側のこちらとしても楽しい時間となりました。

今回はDIYの入門編としてバッチリなプロダクトでしたが、今後もDIYer(s)ならではのワークショップを開催していくのでご期待ください。

 

 

PROFILE

北澤宏美

居酒屋を巡る呑みユニット“#ひろみやれ”として雑誌『Hanako』にて連載中!

Instagram:https://www.instagram.com/romihy58/?hl=ja

このエントリーをはてなブックマークに追加
DIYer(s)の公式SNSをフォローして、
おすすめ情報を毎日受け取ろう
<  BACK TO feature